« 江戸文芸に見る「将棋」その6 | トップページ | 稲富豊好作集 »

2017年7月25日 (火)

江戸文芸に見る「将棋」その7

近松門左衛門「山崎与次兵衛寿門松」(やまざきよじべえねびきのかどまつ)より
中の巻

…昨日の駒動かせず置きました.サアござれござれ.しからば勝つても負けてもこれ一番.昨夜から盤の上とつくと見定め.工夫した相手とさすはこはもの.お手はこなたか、サア遊ばせ.まづ飛車先の歩を突きませう.ヤこの成金してやらうでの.かう寄りませう.浄閑頭を叩いて.ハアゝ南無三.この馬落ちた、深田に馬を駆け落し.引けども上がらず、打てども行かぬ望月の.駒の頭も見えばこそ、むつかしゆなつたと、案じける.
 おきく盤のそばにより、これ父様.あちらの方が落ちればこちらも落ちる.両方の睨み合うていつまでも埒明かぬ.迷惑する駒はたつた一枚.浄閑様のお手には金銀がたんとある.欲を離れて金銀さへお打ちなさるれば.これ、この父様のむかふの、浄閑様のこの馬は助かる.どうぞ手にある金銀を打ち出させますやうに.思案してみさしやんせ.合点か合点かと袖を引けば、治部右衛門うち頷き、オゝオゝオゝ、よう知恵つけた、呑み込んだと.言へども、浄閑気もつかず.親ぢやと思ふて助言言ふまい言ふまい.またちよつこりと歩で合(あひ)いたそ.ムゝ、シテお手に何々.浄閑が手には金三枚、銀三枚.歩もござる.この歩で回したら、まだ金銀がふえましよ.いかい銀持(かねもち)羨ましいか.銀持とは、この角が睨んでゐる.かう寄つたらば金銀出して打たずばなるまいぞ.でも金銀は放さぬ.桂馬を上がろ.治部右衛門堪(こた)へかね.ハテいかい吝(しは)ん坊、沢山な金銀握りつめて何になさるゝ.来世へ持つて行かるゝか.これご覧なされ.この飛車をかう引けば、天にも地にもたつた一枚のこなたのこの王が.片隅へ座敷牢のごとくおつ籠められ.今の間に落ちるが、金でも銀でも打ち散らして.囲うてみる気はござらぬか.我らが吝いは知れたこと.座敷牢へ入らうが、都詰にならうが.金銀は手放さぬ.歩あしらひで見知らせう.こなたも歩をもつて、ぶに首を提げらる(
※1)が、悔みはないか.構わぬ構わぬ.まづ逃げてゐませう.コレそのうちに香車の鑓をもつて鑓玉に上げらるが.それでも金銀出すまいか.勿体ないこと、鑓玉に上げられうが.獄門に上がらうが.手前の金銀は放さぬ放さぬと.両馬強き欲の皮、そばでおきくは気を揉みて.つゝむ涙も手見せ禁(※2)、命手詰め(※3)と見えにけり.…

---
(『
新編日本古典文学全集74 近松門左衛門集①』1997年3月 小学館)
※1 夫に首あげらる 戦場で雑兵に首を取られる意の諺
※2 手見せ禁 待ったなしの意
※3 手詰め 手段に窮する

 1718(享保3)年1月2日、竹本座初演。
 漫然と将棋を指しているのではなく、与
兵衛の妻おきくの助言、実は浄閑(与兵衛の父)にお金を使って与兵衛を助けるように訴えているのである。治部右衛門はおきくの実父。

« 江戸文芸に見る「将棋」その6 | トップページ | 稲富豊好作集 »

江戸文芸に見る「将棋」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1793064/71238614

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸文芸に見る「将棋」その7:

« 江戸文芸に見る「将棋」その6 | トップページ | 稲富豊好作集 »

サイト内全文検索

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ