« 加藤文卓の「圖巧解説」その22 | トップページ | 合 »

2017年3月19日 (日)

 将棋の駒は次のように分けることができる。

桂、香、歩
飛、角、銀
玉、金

 1は必ず成らなければならないグループ。
 2は成ることも成らないこともできるグループ。
 3は成ることができないグループである。
 桂香歩にとって相手方の一段目(桂は二段目も)は特殊な意味を持っている。ここに着目し分類したのである。

 1は前方にしか利きがないので、利きがない駒は認められないのである。利きがないということは行き所がないことと同義である。
 ここでの仕分けの基準は「成」である。
なるは動作だが、なりは動作の名詞化である。33角成と言う場合、「成」は「なる」であって「なり」ではない。
 以前せきやど図書館にある八代宗桂『将棋大綱』の手書き解答本である『圖式誥書下書』を紹介したが、その記述はカタカナの「ナル」「ヨル」である。漢字一字で書かれている「取」は、当然「トル」と読むのだろう。

 ところで「成る」の辞書的語義について調べてみた。
---
なる【成・為・生】
(一)なかったものが、新たに形をとって現われ出る。
(7)将棋で、王将、金将以外の駒が敵陣の三段目以内にはいったり、そこで動いたりしてその性能が変わる。飛車は龍王に、角行は龍馬に、小駒は金将と同等の性能になり、駒を裏返すことによって表わす。
『日本国語大辞典』
---
なる【化】
(二)變化(カハ)ル。將棊ニ、我ガ駒ノ進ミテ、敵ノ陣地中ニ入レルモノハ、何レノ駒モ裏返シテ金將ノハタラキト變ズ。
『新編 大言海』
---

 『新編 大言海』が飛角を念頭に置いていないのはともかく、「なる」に「化」を当てているのは面白い。これも以前紹介したが、京都府総合資料館に松浦大六寄贈本『
將棊新選圖式』(武田傳右衛門版)があり、解答の部の作品番号の下に「桂不化」「角不化」などとある。また今田政一は月報1942年3月号「十代將軍詰手考」で「不化詰」と書いているので、「化」は十分根拠があると言えよう。
 その「ならず」であるが、「不成」も「不化」も「なる」の否定表現である。「成」が自然であるのに対して「不成」が不自然であり非日常であるのは、指将棋を前提にしているからに外ならない。ところが詰将棋では「不成」は日常なのである。

 「不成」と同様の事態を表すのに「生」を使う。これを「なま」と名詞のように読むのはおかしいので、やはり「ならず」と読むべきだろう。詰パラだけでなく「近代将棋」も「王将」、「詰棋界」も「生」を使っていた。月報は当初「不成」だったが終わりの方で「生」に変わる。正確にいつ変わったのかは調べていないが、1942年12月8日発行の有馬康晴編著『詰將棋吹き寄せ』(將棋月報社刊)は「生」になっている。

« 加藤文卓の「圖巧解説」その22 | トップページ | 合 »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1793064/69970620

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 加藤文卓の「圖巧解説」その22 | トップページ | 合 »

サイト内全文検索

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ