« 加藤文卓の「圖巧解説」その21 | トップページ | 成 »

2017年3月17日 (金)

加藤文卓の「圖巧解説」その22

月報1928年1月号

圖巧解説
二峯生

第五十六番

0056

57銀、59玉、48銀、同と引、49馬、同と、58馬、同玉、69金、48玉、
58飛、47玉、57飛、同玉、55龍、67玉、57金、76玉、66金、同と、
86金、同玉、85龍、97玉、96龍迄(25手詰)


變化
59玉の所57同玉ならば
58馬、同玉、69金、48玉、58飛也

48同との所
(一)48同玉ならば58馬、同玉、69金、47玉、57飛、同玉、55龍にて以下本文に準ず
(二)48同と行ならば49馬、同と、58馬、同玉、69金、48玉、58飛()37玉、34龍、27玉、36龍、17玉、18歩、同桂成、16龍也
37玉の所47玉ならば
57飛、同玉、55龍、47玉、58金、37玉、35龍にて容易なり

49同との所同玉ならば
69龍、59金間、39金、同と、58馬也

○附記斯様な先輩の非をあばくやうな事を記すのは宜しくないと一部の人から非難の聲もあるが之れは要するに程度の問題であらう先輩諸先生が如何なる詰圖を發表して居やうと之に對して一言も批評がましい事を言うてはいけないとあっては棋界は暗闇である

○將棋新報社編名人詰將棋百番の中に次の圖面がある

Photo

之れは圖巧第五十六番の改作である事は一見して知られる、而して同書記載の解答は
48角、同と、49金、同と、58馬、同玉、69金、47玉、57金、同玉、
55龍、67玉、57金、76玉、66金、同と、86と、同玉、85龍、97玉、
96龍也(21手詰)

古人の作の改作など麗々しく掲げて置くのはどうしても感心が出來ない而して此圖は前記58馬の所69金、同金、55龍の早詰がある

○又次圖も同書記載の一局であるが之れも圖巧二十四番の燒き直しである

2

而して同書記載の解答は
46歩、同と、54銀、44玉、45歩、同と、43銀成、同金、同飛成、同玉、
53金、32玉、42金、23玉、22銀成、同玉、21飛生、13玉、14歩、12玉、
34馬、同歩、13歩成、同玉、23金、14玉、24金、15玉、25金、16玉、
26金也(31手詰)

然るに此圖にも種々の餘詰が見える即ち前記の43銀成の所53銀不成にても次の詰がある
45同と、53銀不成、55玉、44銀、46玉、66飛成、56歩間、28角、37間、55銀、同と、同飛成也

56歩間の所37玉ならば
26龍、38玉、58龍、48間、47馬にて容易なり

又前記42金の所52飛成23玉、22龍にて容易に詰む

○同書には又圖巧七十一番の改作が掲げられてあります此圖七十一番は原書記載の解答に誤があるやうです此等に就いての詳細な事は後日に譲りませう


第五十七番

0057

69金、同玉、58角、同玉、59馬、47玉、48歩、同と、同馬、同玉、
39銀、49玉、38銀、48玉、49銀、59玉、48銀、58玉、59銀、69玉、
58銀、68玉、69銀、79玉、68銀、78玉、79銀、89玉、78銀、88玉、
89銀、99玉、88銀、同玉、18龍、78歩成、89金、77玉、78龍、86玉、
75銀、85玉、86銀、同玉、75龍、87玉、88歩、同成香、同金、同玉、
89香、99玉、83香成、
89銀、同飛、同玉、98銀、88玉、89歩、99玉、
88銀、98玉、99歩、89玉、79龍迄(65手詰)


變化
58同玉の所68玉ならば59馬、79玉、69馬以下容易なり

49玉の所
(一)37玉ならば35龍、27玉、36龍、17玉、18飛、同玉、28金、19玉、16龍也
(二)47玉ならば48銀此時同玉にても38玉にても18龍にて詰む故に58玉と逃るゝ外なく次に59銀にて本文と合す
(三)58玉ならば18龍、69玉、48銀にて容易なり
(四)59玉ならば48銀、68玉、59銀、79玉、68銀、88玉、79銀、99玉、88銀、同玉、18龍の手順となりて本文に合す

69玉の所47玉ならば
48歩、37玉、38歩、同玉、18龍、28間、39金也

89銀間の所
(一)89金間ならば同飛、同玉、78銀、98玉、89金、97玉、77龍にて詰む
(二)89角間ならば同飛、同玉、98角にて本文に準ず

88玉の所98同玉ならば
78龍、97玉、98銀、86玉、87銀、85玉、76龍、94玉、74龍の詰あり此手順本文より手數延びるも詰上り持駒餘る


第五十八番

0058

39銀、47玉、46金、同玉、47歩、同玉、38銀、同玉、49馬、47玉、
58馬、同玉、59金、47玉、39桂、46玉、16龍、同桂、57角、37玉、
48金、26玉、35角、同玉、25金、46玉、47金、55玉、56金也(29手詰)


變化
47玉の所49同成桂ならば
28龍、47玉、57金、36玉、25龍也

16同桂の所36間ならば
57角、同玉、56金の手順あり他は容易なれば略す


第五十九番

0059

87銀、67玉、78銀、同玉、79金、同金、89銀、同金、69金、同玉、
89飛成、58玉、49龍、同玉、94角、同歩、59金、38玉、37金、同桂生、
39銀、同玉、48銀、38玉、39銀、同玉、93角、38玉、48角成也(29手詰)


變化
67玉の所
(一)79玉ならば89金、同玉、98銀、79玉、89金也
(二)87同とならば89金、77玉、88金、同と、同金、67玉、63飛成、58玉、67銀

78同玉の所58玉ならば
69銀、同玉、89飛成、58玉、59金、67玉、66金也

79同金の所67玉ならば
66金、58玉、69金、同玉、89飛成、79間、59金也

89同金の所67玉ならば
63飛成、58玉、59金也

94同歩の所
(一)76歩間ならば59金、38玉、37金、同桂不成、83角成、47桂間、39銀、同玉、48銀、38玉、39銀、同玉、93馬也
(二)76銀間又は67とならば同角と取りて容易に詰む


第六十番

0060

17銀、18玉、19歩、同玉、28銀、同玉、17角生、18玉、19歩、同玉、
39角、16香、28銀、29玉、38銀、同玉、48龍、29玉、38銀、18玉、
19銀、同玉、28角、18玉、19歩、28玉、37銀、19玉、28龍(29手詰)


變化
18玉の所29玉ならば
38銀、同玉、36龍、29玉、27龍左にて容易

28同玉の所29玉ならば
38銀、同玉、36龍、28玉、27龍左迄

16香の所
(一)18間ならば28銀、29玉、38銀、同玉、48龍、29玉、38銀也
(二)17歩間ならば28銀、29玉、38銀、同玉、48龍、29玉、38銀、18玉、27銀左、同馬、同龍、29玉、38龍寄也
(三)29玉ならば38銀、39玉、59龍、38玉、36龍以下容易に詰む

« 加藤文卓の「圖巧解説」その21 | トップページ | 成 »

加藤文卓の「圖巧解説」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1793064/69943729

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤文卓の「圖巧解説」その22:

« 加藤文卓の「圖巧解説」その21 | トップページ | 成 »

サイト内全文検索

酒井桂史『琇玉篇』解題

無料ブログはココログ