« 加藤文卓の「圖巧解説」その20 | トップページ | 加藤文卓の「圖巧解説」その22 »

2017年3月12日 (日)

加藤文卓の「圖巧解説」その21

月報1927年12月号

圖巧解説
二峰(ママ)生

第五拾四番

0054

38金、46玉、16龍、
57玉、66龍、同龍、46角、同玉、47金打、35玉、
36銀、
44玉、45銀、35玉、36金、同龍、同銀、34玉、35歩、同桂、
44飛、同香、25銀、23玉、24歩、
13玉、14歩、12玉、22金、同玉、
23歩成、
同玉、13歩成、同玉、14銀、同玉、32角成、13玉、23馬迄(39手詰)


變化
57玉の所
(一)16仝銀ならば47金打、35玉、36銀、44玉、45銀、35玉、36金也
(二)26歩ならば47金、35玉、36金、24玉、25金、13玉、31角也
(三)26金間ならば47金、35玉、26銀にても容易に詰む

66仝龍の所仝とならば46角、仝玉、47金打、35玉、36銀、44玉、45銀、35玉、36金也

44玉の所34玉ならば
45銀、35玉、36金、仝龍、仝金

13玉の所12玉ならば
22金、仝玉、23歩成、仝玉、14銀、仝玉、32角成也

13玉の所仝香ならば
14銀にて詰む


第五十五番

0055

57龍、同銀生、68銀、同銀生、77金、同銀生、66金、同銀成、57金、同成銀、
68銀、同成銀、57金、76玉、65角、75玉、66金、84玉、73馬、93玉、
92角成、同玉、82馬也(23手詰)


變化
57仝銀不成の所
(一)仝銀成ならば77金、仝桂、66金也
(二)仝玉ならば39角、48歩成、68銀、47玉、37金

68仝銀不成の所
(一)仝銀成ならば57金、仝玉、93角、67玉、66角成
(二)76玉ならば65角、75玉、74金也

77仝銀不成の所仝桂成なら66金、57玉、39角、48歩成、56金、仝と、仝金、47玉、37金也

66仝銀成の所
(一)仝銀不成ならば68銀、76玉、65角、75玉、74金
(一)57玉ならば39角、48歩成、67金、47玉、37金也

57仝銀成の所77玉(76玉にても仝手順にてよし)ならば
66馬、87玉、88銀、96玉、87角、仝成香、仝銀、仝玉、88金、96玉、87銀、95玉、96香
此變化の手順は本文と同手數なるも87角の所87銀にても詰む等の餘詰あるを以て變化と見るを至當と思ふ
---

 この作品は守備銀一回転の第一号局。
 ここに銀一回転作を集めています。

« 加藤文卓の「圖巧解説」その20 | トップページ | 加藤文卓の「圖巧解説」その22 »

加藤文卓の「圖巧解説」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1793064/69873150

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤文卓の「圖巧解説」その21:

« 加藤文卓の「圖巧解説」その20 | トップページ | 加藤文卓の「圖巧解説」その22 »

サイト内全文検索

酒井桂史『琇玉篇』解題

無料ブログはココログ