« 忘れられた論客 その19 | トップページ | 加藤文卓の「圖巧解説」その20 »

2017年3月 7日 (火)

加藤文卓の「圖巧解説」その19

 以下の解説にはおかしなところがあります。

月報1927年10月号

圖巧解説
二峯生

第四拾九番

0049

98歩、同馬、同銀、同玉、99角成、同玉、11角、
98玉、99金、97玉、
67飛、同と、98銀、86玉、87銀、同成銀、同銀、同玉、88金、86玉、
87銀、75玉、22香成、
25角、同龍、同成桂、93角、84歩、同角成、同香、
76歩、66玉、12成香、56玉、55角成、47玉、48歩、同玉、37馬、39玉、
28馬、48玉、37馬、39玉、29金、同玉、28馬也(47手詰)


此図に對する小生の研究は未だ不完全なのでありますが兎に角之を誌上に發表して汎く讀者諸君の御高見を御窺ひしたいと思ひます
先づ原書記載の詰手順に就いて變化を解説しませう

變化
98玉の所
(一)22角間ならば同角成、98玉、99金、97玉、67飛、同と、98銀、86玉、77角
75玉、23香成、25歩間、同龍、同成桂、76歩、同玉、32馬也
75玉の所同とならば同銀、75玉、66馬也
(二)22歩間ならば同角成、98玉、99歩、97玉、98金、86玉、77馬也

25角間の所25歩間ならば
同龍、同成桂、76歩、66玉、12成香、56玉、55馬、47玉、48歩、同玉、37馬以下本文に合す

○本局は前記の如く打歩詰を避くる巧妙なる傑作でありますが、25角、同龍、同成桂、93角の所に餘詰があるやうに思はれます
即ち25同成桂に對し93角と指さずに76銀と指す時は次の詰手順があるやうです
25角、同龍、同成桂、76銀、66玉、12成香、76玉、43角、86玉、87金、75玉、76金也
66玉の所56玉ならば65角、46玉、55角成也


第五拾番

0050

45角、同桂、37飛、同桂生、49角、同桂成、17龍、38玉、37龍也(9手詰)


同桂の所
(一)同とならば37飛、26玉、17龍、15玉、16龍、24玉、15角、13玉、33龍、23銀間、24角、12玉、14龍、同銀、13角成、21玉、22馬也
(二)26玉ならば15角、同玉、16龍、24玉、23飛也
(三)38玉ならば29龍、同玉、49飛、39飛間、18角打、38玉、27角引、28玉、17銀打也
(四)36間ならば、37飛、26玉、17龍、15玉、16龍、24玉、14龍、同玉、17飛、15間、32角也

37同桂生の所
(一)37同桂成ならば49角、38間、17龍也
(二)26玉ならば17龍、15玉、33角、24間、16龍也

---
 玉方桂の三段跳。
 これを発展させて四段跳にしたのが『将棋大綱』第7番です。


 さて、どこがおかしかったか分かりましたか?
 特におかしなところはなかった?
 これは加藤文卓の解説ではありません。私の解説です。
 というのも、月報のこの号は国会図書館にないため(発行されたことは確実)省略しても良かったのですが、ブログ五千の読者(笑)の期待に応えるべく仕方なく加藤らしく見せて書いたというわけです。

« 忘れられた論客 その19 | トップページ | 加藤文卓の「圖巧解説」その20 »

加藤文卓の「圖巧解説」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1793064/69830014

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤文卓の「圖巧解説」その19:

« 忘れられた論客 その19 | トップページ | 加藤文卓の「圖巧解説」その20 »

サイト内全文検索

酒井桂史『琇玉篇』解題

無料ブログはココログ