« 忘れられた論客 その17 | トップページ | 忘れられた論客 その18 »

2017年3月 4日 (土)

加藤文卓の「圖巧解説」その18

月報1927年9月号

圖巧解説
二峯生

第四拾六番

0046

27銀、同桂成、26金、同成桂、25銀、同成桂、15飛、同成桂、49馬、26玉、
27馬、35玉、34金、同玉、33飛、同銀、同角成、35玉、44銀、同金、
同馬、24玉、33馬、14玉、15馬、同玉、16金、14玉、26桂、同香、
36馬、同と、25金、23玉、15桂、22玉、32と左、11玉、23桂生、同銀、
21と寄、12玉、22と迄(43手詰)


變化
26同成桂の所17玉ならば
27金、18玉、17飛にて容易

25同成桂の所17玉ならば
26馬、同玉、27飛、15玉、24角成、同香、16銀也

15同成桂の所同銀ならば
49馬、26玉、27馬、35玉、34金、同玉、33角成、35玉、34飛也

○本局は27桂成、以下其成桂を26、25、15と動かし玉の退路を遮りて49馬と寄る所に妙味津々たる作でありますが變化は皆平易であります
---

 この図を見て思いだすのは次のような作品です。

則内誠一郎作(詰パラ2009/08)

Para06104207

45馬、26玉、29香、28桂成、35馬、15玉、27桂、同成桂、16歩、同玉、
17歩、15玉、26角、同成桂、16歩、同成桂、25馬
まで17手詰



深和敬斗作(詰パラ2011/12)

201112fukawa

37金、同桂成、47銀、同成桂、46金、同成桂、45銀、同成桂、37金
まで9手詰



 図巧には守備駒を動かして元の位置に戻す作品がいくつかあります。
 
守備駒は最短4手で戻せますが、6手以上かける作品を挙げると(元に戻ったあと、行き過ぎる作品を含む)
 第18番(と金)
 第35番(と金、4手+4手)
 第46番(本局)
 第55番(銀一回転)
 第71番(成桂)
 第76番(龍)
 第77番(金)
 第78番(と金)
 第80番(龍一回転)
 第95番(馬)
があります。括弧内は動く守備駒。

図巧第71番

0071

67龍、68香、59金、同成桂、58銀、同成桂、59金、同成桂、47角、58香、
同龍、同成桂、同馬、78玉、56角、87玉、76馬、同玉、86飛、75玉、
67桂、64玉、84飛、63玉、55桂、52玉、34角、51玉、41歩成、同玉、
44飛、51玉、42飛成、同玉、43桂成、41玉、42香、51玉、52成桂
まで39手詰



図巧第80番

0080

64角成、同龍、66銀、同龍、46銀、同龍、44銀、同龍、同飛成、同玉、
54飛、43玉、32銀生、同玉、52飛成、42金、54角、31玉、41と、同金、
43桂、21玉、41龍、12玉、21龍、同玉、31桂成、同玉、32金
まで29手詰

51桂成以下余詰。



図巧第95番

0095

62歩、同玉、53金、61玉、64龍、同馬、73桂、同馬、62歩、同馬、
71金、同玉、82角成、61玉、73桂、同馬、51銀成、同馬、71馬、同玉、
63桂、61玉、51桂成、同玉、84角、73香、同角成、同歩、63桂、61玉、
62歩、72玉、71桂成、同玉、61歩成、同玉、63香、51玉、62香成
まで39手詰




第四拾七番

0047

此局に對する原書記載の解答は正解とは云ひ難い作者の意は次の手順ではあるまいかと思はれます

95飛、87玉、86金、同玉、85飛、77玉、76金打、同馬、同金、同龍、
87金、同龍、78歩、同龍、69桂、同龍、87飛、同玉、76馬、78玉、
23角、68玉、67角成、59玉、49馬、68玉、67馬引也(27手詰)


變化
87玉の所95同玉ならば
85金、同玉、67馬76歩間、83飛、84銀間、77桂、74玉、84飛成、同玉、85銀、75玉、74金、86玉、96金、87玉、86金打也
76歩間の所
(一)74玉ならば86桂、63玉、73飛、同玉、74金の手順あり
(二)75玉ならば73飛、74間、85金、64玉、74金、54玉、45金也
(三)84玉ならば94飛、73玉、74金にて容易也
(四)76銀間ならば83飛84香間、86金同玉、84飛成、85間、77金の手順あり
84香間の所84銀間ならば76桂、74玉、84飛成、同玉、85銀にて容易なり
86同玉の所74玉ならば73金、64玉、63金寄、54玉、53金寄、44玉、34金、55玉、56馬、64玉、63飛成也
(五)76飛間ならば83飛84香間、86金、同玉、84飛成、85金間、77金、96玉、86金打、同金、同金、同飛、同龍、同龍、85飛の詰あり
84香間の所84銀間ならば77桂74玉、84飛成、同玉、76桂、同馬、85銀以下容易なり
74玉の所96玉ならば95金、同玉、85金、96玉、86金打、同飛、同金、同玉、84飛成也
(六)76金間ならば83飛、84銀間、77桂、74玉、84飛成、同玉、76桂以下容易なり

86同玉の所77玉ならば
76金打同馬、同金引、同龍、97飛同桂成、76金、87玉、77飛、98玉、97飛、同玉、99香、98銀成、53角、87玉、69馬、78間、86角成也
76同馬の所同龍ならば
同金引、同馬、97飛、同桂成、76金以下全く前記に合す但前記97飛の所は87飛、同馬、同金、同玉、76角にても可なり
97同桂の所86玉ならば76馬、97玉、53角にて容易なり

76同馬の所同龍ならば
(原書には此手順を解答として記載しあり)
同金、同馬、87飛、同馬、78歩、同銀不成、69桂、同銀、87飛、同玉、76角、96玉、69馬、86玉、96馬、同玉、87銀、95玉、85金也
右は原書記載の儘を記したのであるが終りの方が甚だ面白くない即ち前記
76角の所76馬、78玉、23角、68玉、67角成、59玉、49馬、68玉、67馬引にて詰み持駒金一枚餘る
又96馬の所は85金、77玉、86銀にて却つて二手早く詰

78同龍の所
(一)同銀不成ならば、69桂、同銀、87飛、同玉、76馬、78玉、23角にて詰あり
(二)同桂成ならば87飛、66玉、44角、75玉、53角成にて詰あり

87同玉の所78玉ならば
67馬、87玉、76馬、78玉、23角の手順となり本文に記載しものより二手延びるが前記67馬の所23角と指しても次の詰があつて面白くない、矢張り87同玉を本文とすべきであらう即ち前記67馬の所
23角、56歩間、67馬、87玉、76馬、78玉、56角成の詰手順がある

○本局は駒の活動複雜にして妙味津々、第九番、第二十三番等と共に圖巧特有の力強さを感ぜしむる好局であります而して67龍を76、87、69と移動せしめ玉の退路を斷つ手段は前局の成桂の移動と對照して殊に面白く思はれます


第四十八番

0048

28金、同金、同銀、同玉、17銀、29玉、28金、19玉、29金打、同飛成、
同金、同玉、39飛、18玉、27角、同歩成、19飛、同玉、28銀打、同と、
39龍、同と、73角、18玉、28角成也(25手詰)


變化
28同金の所同馬ならば
同銀同金、18銀、同金、同歩、同玉、28金、同玉、38龍、17玉、27金、同歩、同龍也
同金の所同玉ならば
73角、17玉、18歩、同玉、38龍にても容易に詰む

同玉の所同馬ならば
18銀、同馬、同歩、同玉、28金以下前記に合す

29玉の所
(一)17玉ならば18金、同馬、同歩、同玉、38龍、28金間、27銀、同歩、同角、17玉、16金也
(二)17同馬ならば39金、同飛、同龍、同玉、33飛、29玉、38飛成、19玉、29金にても詰む
(三)19玉ならば28銀18玉、27角、同歩成、同銀にて容易に詰む
18玉の所28同馬ならば同銀、18玉、17金にても容易なり

19玉の所28同馬ならば
38銀39玉、49銀37歩間、28銀、同玉、18飛以下容易に詰む
39玉の所19玉ならば
28銀、同玉、37龍にて容易也
37歩間の所29玉ならば
38龍、同馬、同角にて詰む

28同との所18玉ならば
29角、同玉、39龍也

« 忘れられた論客 その17 | トップページ | 忘れられた論客 その18 »

加藤文卓の「圖巧解説」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1793064/69796943

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤文卓の「圖巧解説」その18:

« 忘れられた論客 その17 | トップページ | 忘れられた論客 その18 »

サイト内全文検索

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ