« 酒井桂史作発見 | トップページ | 二度掲載された酒井桂史作 その2 »

2016年8月31日 (水)

二度掲載された酒井桂史作

 「將棋月報」の懸賞出題の結果稿を読んでいるうちに、妙なことが書いてあるのにぶつかりました。
 まず作品を紹介しましょう。

1932年1月 第一部

1136

95と、同玉、87桂、96玉、76飛、87玉、86飛、同玉、76馬、95玉、
96歩、同玉、54馬、76歩、87金、同玉、76馬、96玉、43馬、76歩、
87金、同玉、76馬、96玉、32馬、76歩、87金、同玉、76馬、96玉、
87馬、同玉、21馬、76歩、同馬、96玉、85馬、同玉、87香、86歩、
同飛、74玉、75歩、同玉、76歩、74玉、73成桂、同玉、83歩成、62玉、
73と、52玉、82飛成、41玉、33桂生、31玉、71龍、22玉、21龍、13玉、
14歩、同玉、15歩、同玉、16歩、同玉、17歩、同玉、28龍、同玉、
29香、17玉、18歩、16玉、27銀、15玉、26銀、14玉、25銀、23玉、
24銀、32玉、23銀※143玉、44歩、53玉、54銀、42玉、43歩成、51玉、
41桂成、61玉、52と、同玉、63銀成、41玉、32成銀、同玉、33歩成、41玉、
32と、51玉、62と
まで103手詰

解説 山村兎月


86玉なれば76馬、96玉、85馬、同玉、75と迄也※2
86歩合間なれば同飛、同玉、76馬、96玉、86馬迄也
同歩なれば76馬、96玉、86馬迄也
94玉なれば93成桂、同玉、83歩成、94玉、84と迄也
86飛合の合間なれば87金、95玉、96歩、94玉、93成桂、同玉、83歩成、94玉、84と迄又95玉と引きたる時は96金打ありて同斷
95玉なれば96歩打以下の變化に同じ
チ の變化に同じ
  トの変化に同じ
87玉なれば86飛廻り迄也※3
74玉なれば75歩、同玉、76歩、74玉、73成桂、同玉、23飛成、62玉、53桂成、71玉、21龍、82玉、83歩成迄
73同玉なれば82飛成、74玉、84龍迄
51玉なれば62龍、41玉、33桂以下本手順に準す也※4
32玉なれば21龍、43玉、44歩、52玉、53歩、同玉、54歩、52玉、41龍迄也
19玉なれば28銀、18玉、27銀左、29玉、39金迄又18玉なれば19歩、17玉、26銀、16玉、27銀迄也
18同玉なれば19歩、17玉、26銀、16玉、27銀迄也
42玉なれば41桂成、同玉、32銀成、同玉、33歩成、41玉、32と、51玉、62銀、52玉、53歩、43玉、33と迄也
52玉なれば63銀打、42玉、41桂成、同玉、32銀成、同玉、33歩成、41玉、32と、51玉、62と迄也
52玉なれば63飛成、42玉、41桂成、同玉、以下の變化に同じ
41同玉なれば32銀成、51玉、42金、61玉、52金、71玉、62金迄也※5


評曰 本局は酒井先生一大作物なり盤上三拾四個の駒を配置して其手數の如きは百○參手詰の大作物なり最初敵の右翼より二枚の大駒を以て肉薄攻撃は面白し敵も去(ママ)るもの再三の76歩の捨合にて馬の活動甚だ面白し以下飛香の威力甚だしき爲一度は陣地に戻りて再度入玉は面白く巧妙なる作物なり以下銀歩の攻撃にて再び我陣地にて終局する處は巧妙なる作圖なり本局の變化を詳細に附記する時は七八頁に渉り複雜なれば重(ママ)なる變化のみ附記したり
附記 本局は數年前發表済の課題なる由田代氏より通知あり採点の上課題は取消とす

---

※1 成か不成か明記していないが、その後の記述で不成であることが分かる。成っても同じ。
※2 75と迄ではなく、94玉、96飛まで。
※3 86飛廻りでは詰まない。76馬、96玉、86馬まで。
※4 この手順は作意より長い。62と、42玉、33歩成、31玉、32とまで。
※5 原文はこの通り「金」になっている。


 捨合入り馬の連取り。
 何とも細かい変化説明です。
 の変化がありませんが、原文のままです。原文には句読点がなく読みづらいので、手順には適宜読点を入れました。
 
52と、同玉、63銀生、53玉、54と、42玉、41桂成、同玉、32銀成、同玉、33歩成以下の余詰があります。

 さて、問題は「田代氏より通知あり」です。月報に懸賞出題された酒井桂史作の結果稿のコピーはすべて持っているつもりなのですが、この作品は見当たりません。他の雑誌に掲載された作かとも思いましたが、この図の初出は懸賞出題ではなかった
月報の酒井作なのでした。

左は『現代棋客詰將棋佳作集』(1928年8月)第二番

2

 上記佳作集は8月号が図面のみ100局。9、10月号が解答篇になっていて、150部出版の予定と記してあり、ご丁寧に刊記まで綴じ込まれているので出版されたものと思っていた人が多かったようです。

Photo_2

 実際、本文とは別のノンブルになっていて、3カ月分繋がっているので、すぐに印刷できるように準備していたのでしょう。しかしながら、「中に不完全なものがあり、又作者からの變更申出などあり」(『詰將棋第一部集』
(上卷)發行の言葉・月報1937年1月号)、結局出版されませんでした。
 「發行の言葉」には「恰度田代武雄氏が多年本誌圖式に就て深く研究されてゐたので、氏に委嘱して、佳品二百題近い中から、百番を精選して編んだもの」とあり、田代は酒井作を覚えていたのでしょう。

 では『現代棋客詰將棋佳作集』第二番は、どういう経過で懸賞出題を経ずにいきなり掲載されたのか。同集に酒井作は15局もありますが、他の酒井作
の解説には月報結果稿の引用などがあるのに、この作だけは作意手順のみで終わっています。佳作集は刊記に山村兎月解説とあるので、山村を主に編集したものでしょうか。九九生(加藤文卓)の解説の引用にはいちいち(九九生)と書いていますが、山村の解説には何もないところからしてもそうなのでしょう。佳作集用に、山村が酒井に対して作品提供を依頼したことは充分考えられることですが、その後、酒井作は掲載済みなのを忘れてしまって、再び載せたと。
 ちなみに、佳作集には月報掲載作から選んだとは書かれていないので「文藝倶楽部」掲載作があっても良いのですが、第一部集に「將棋新誌」掲載作が混じっているのは、看板に偽りあり。(笑)

« 酒井桂史作発見 | トップページ | 二度掲載された酒井桂史作 その2 »

酒井桂史名作選」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二度掲載された酒井桂史作:

« 酒井桂史作発見 | トップページ | 二度掲載された酒井桂史作 その2 »

サイト内全文検索

酒井桂史『琇玉篇』解題

無料ブログはココログ