« 我儘勝手詰將棋 正解発表 | トップページ | 智慧くらべ 正解発表 »

2016年6月 9日 (木)

智慧くらべ

 同じく、月報1927年1月号、丸山生。

-----
智慧くらべ(


先頃或る老人より左記の問題を出されまして私は最初馬鹿氣た詰位に思つて居りました所愈々やつて見ると中々容易に詰まず又詰を随分苦心漸く手順を發見致しました
お正月の座興迄に如何でせう

Photo

◯即ち圖面以下左の規定に依る
詰方 一度打ちたる駒は絶對に動かすを得ず
玉方 敵駒を取る事又間駒は不可なり

其の爲盤面縦横無儘意の如く逃ぐる事を得る
-----
原文は「智慧らくべ」と誤植

 51玉は、玉の動き方ではなく、どこにでも動ける駒ということですね。
 要するに持駒で盤上すべてをカバーするような置き方をせよという問題です。
 簡単ですね。

« 我儘勝手詰將棋 正解発表 | トップページ | 智慧くらべ 正解発表 »

「将棋月報」関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 智慧くらべ:

« 我儘勝手詰將棋 正解発表 | トップページ | 智慧くらべ 正解発表 »

サイト内全文検索

酒井桂史『琇玉篇』解題

無料ブログはココログ