« 『将棋勇略』管見 その3 | トップページ | 『将棋勇略』管見 その4 »

2015年7月23日 (木)

波崎黒生『一番星』出版記念作品展 解答発表

  当ブログの波崎黒生『一番星』出版記念作品展には12名の方より解答をいただきました。
 では、正解を発表します。お待ちかねの当選者発表は末尾に。


 (『一番星』第82番)
Photo

41歩成、同玉、32銀、同玉、65角成、41玉、42銀、52玉、43馬、62玉、
53銀生、71玉、61馬、82玉、93金、同玉、83馬
まで17手詰

解答者12名、正解11名

羅刹:成長して帰ってきた風来坊のよう。

藤田卓志:ノートに書き写して考えること1時間。沢山の手が読めて勉強になりました。

隅の老人A:間口が広く、出だしで迷う。

及川弘典:序の41歩成~42銀がうまい。角の一回転は見事というしかありません。

有吉弘敏:不利感漂う追い方でなかなか筋に入れませんでした。93金も打ちにくいです。初手62銀がかなりのところまで行きますので、初手は最後に考えました。

やまかん:43馬がやりにくかった。ただそれに気づいたら馬の1回転が狙いだと分かって解けた。

須川卓二:ぐるっと回る馬以外は小駒で繋ぐのが面白いところ。

馬屋原剛:解いたあと、狙いに気付くまで少し時間がかかった。75桂を消去してから75馬という手順を期待した。

久保紀貴:綺麗な馬の一回転。85歩、75歩はちょっと残念な配置に感じる。

 初手52銀では同玉、43銀、53玉で手駒不足。62銀では、同玉なら63金、51玉、61角成以下詰むのですが、42玉と躱されて43金、31玉、32銀、22玉、23桂成、11玉、21銀成、同玉、32金、11玉で22に66角が利いているので逃れます。作意は角から遠ざかるので、ちょっと不利感がありますね。
 2マスずつ動いて一回転。回転の距離が大きくなるとどうしても大模様になりがちですが、本作はまとまった構図になっていると思います。
 実はこれ、某誌に投稿して没になったのだそうです(あとあとまで残るので、『一番星』の感想には書きませんでしたが)

 久保さんの感想は良く分かります。私も、この部分は一枚にできないのかなと思ってやってみたクチなので。やはり2枚必要ですね。




 (『一番星』第90番)
201103hasaki2

63馬、84玉、74飛、85玉、86歩、96玉、94飛、86玉、96飛、75玉、
76飛、84玉、74飛、85玉、86歩、96玉、94飛、86玉、96飛、75玉、
67桂、84玉、86飛、85角、同馬、73玉、74馬、同玉、63角、73玉、
76飛、84玉、74飛、85玉、75飛、86玉、76飛、95玉、96飛、84玉、
85歩、73玉、76飛、62玉、72飛成、51玉、42龍、同玉、43歩、32玉、
41角成、同玉、42金
まで53手詰


解答者7名、正解7名

羅刹:飛の動きが「木星の旅」みたいですね。

隅の老人A:軽い繰り返しの中野流趣向が面白い、打歩解消の為の馬から角の打変えも巧妙である。

及川弘典:打歩詰に気をつけながらの飛車捌きにパズルの趣があり楽しい。角を合で出し、馬を角に換える巧妙さも素晴らしいです。

有吉弘敏:74馬捨てから63角のうちかえが成立するとわかってからは、想像通りの詰めあがりでした。

橋本哲:ちょっと変わった飛追い。3手目86飛の紛れと重なり合ってくる感じが楽しい。

須川卓二:趣向っぽい回転から63馬を63角と打ち替えて打歩打開とやはり魅せるところを知っている見事な構です。

久保紀貴:シンプルな趣向装置と、キーの面白さが好印象です。最終目的が63を生角に変えることだというのはいかにも私好み。


中野和夫:2回転と馬角変換による打歩詰打開を入れたところでストップです。何年か後に作品になるかもしれません。(2011年3月11日)

 というのが、作者の感想です。これを受けて、「作者自身もこれで完成と思っていたわけではなく、さらに磨き上げたかったようである」と書いた次第です。
 短評や作者の感想にある通り、馬角打換えによる打歩詰回避が狙いですが、捨合で入手するのがうまいところ。
 『一番星』の私の感想はいずれも長文ですが、角さんから依頼されたのは「短評」だったのに「解説」と間違えたのです。お恥ずかしい。



 それでは当選者発表です。パンパカパーン(漫画トリオかよ)
  藤田卓志さん
  隅の老人Aさん
  やまかんさん


 賞品は
今週中に発送予定とのことですので、楽しみにお待ち下さい。

01

 

« 『将棋勇略』管見 その3 | トップページ | 『将棋勇略』管見 その4 »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

一番星 届きました。
借り猫かもさん、ありがとうございました。
賞品を送ってくださった角建逸さんにも感謝です。
濃い内容の作品集だと思い、鑑賞を中心にしたいと考えています。
自分の力で解けるレベルの作品群ではないです。
よく第82番が解けたものだと思います。
一目見て解けそうに感じた作品は、自分の頭でも考えてみます。
本当に素晴らしい作品集をありがとうございました。
猛暑が続いていますが、お元気でお過ごしください。
では失礼します。

藤田さま

当選おめでとうございます。
良かったですね。
ひとえに角さんのおかげですので。(^^)

僕にも無事 一番星 届きました。借り猫さん、角さん、ありがとうございました。

やまかんさま

当選おめでとうございます。
私は何にもしておりません。角さんのおかげです。

うんにゃ、借り猫さんのおかげですって。
本当にありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 波崎黒生『一番星』出版記念作品展 解答発表:

« 『将棋勇略』管見 その3 | トップページ | 『将棋勇略』管見 その4 »

サイト内全文検索

酒井桂史『琇玉篇』解題

無料ブログはココログ