« 『将棋勇略』管見 | トップページ | 「詰棋界」 その22 »

2015年6月11日 (木)

「詰棋界」 その21

 第2巻第5号です。(通巻第11号)1952年11月6日発行

1頁 表紙

11195211

※表紙ができて、雑誌のような体裁になりました。

2頁 新年号一人一局集募る
    二上五段作 詰将棋魔法陣 刊行予告
    棋友の横顔2 坂口登志雄氏

3頁 Cクラス 担当 野口益雄
    新人詰将棋コンテスト(1)
※出題です。

4~5頁 推理詰将棋(1)入選発表

6~7頁 詰むや詰まざるや(1)
      御注意肝要也 箱根雲助

8頁 Aクラス解答 第二巻・二号 S・T生

9~10頁 Bクラス 第二巻 三号 清水孝晏

10~11頁 棋の友
        Cクラス 第二巻 第三号 野口益雄

12頁 ジュニア・ツメショウギ8 山田三(※)
    ジュニア新題10
の誤りでしょう。

13~15頁 短期番付戦(1)
※解説です。
       短期番付戦1

11

16頁 番付戦3 担当 清水
※出題です。

本会発展資金寄付者御芳名
第六回会計報告
お知らせ

-----
詰将棋魔法陣

 本書は二上五段が苦心創作せる未発表の不成作品八十一局を集録せるもので、不成で有名な"精妙"に勝るとも劣らぬものと確信する。
 本会会員のために公開の許しを受けた。入用の方は同封のハガキで申込み下さい。
◇本文上質紙使用 美装 80余頁 定価百円〒8円
◇発行は二月上旬 番外に趣向局十数局追加発表

◇懸賞規定◇
●〆切 十二月五日
●同封のハガキに限る
●二名に氏名ゴム印 十名に賞品券一枚呈す

第十三番
13

※17手詰です。
 詰将棋魔法陣という名称ですが、この時点ではまだ『将棋魔法陣』に確定していなかったのかも知れません。番外の局数も「十数局」とハッキリしていません。
「詰棋めいと」第25号に「まず『魔法陣』の話が出てから完成までかなり時間がかかった」(二上九段)とあります。
 実物は見たことがありませんが、ガリ版刷りだそうです。

-----
棋友の横顔2
坂口登志雄氏(二十九才)

 私は創作は得意ではないので、もっぱら鑑賞することにより詰将棋の醍醐味を知り蒐集に興味を持つ。
 詰将棋に興味を持ったのは二年程前で新味溢れた短篇作、中でも桑原辰雄氏の短篇作は大好きである。
現在 大阪市の◯◯商事KKに勤む
住所 堺市……

« 『将棋勇略』管見 | トップページ | 「詰棋界」 その22 »

「詰棋界」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「詰棋界」 その21:

« 『将棋勇略』管見 | トップページ | 「詰棋界」 その22 »

サイト内全文検索

酒井桂史『琇玉篇』解題

無料ブログはココログ