« 四?連続打捨て | トップページ | 『将棋龍光』その3 »

2014年3月29日 (土)

『将棋龍光』その2

 あまりにも『将棋龍光』(以下、『龍光』と略)についての情報が乏しいため何かないかと探していたら、「詰棋めいと」の抜き刷り版「『将棋月報』で辿る戦前の詰棋界」という本が手元にありました。湯村光造さんからいただいたものです。当時の状況が少し分かりました。

Photo_3

Geppo_2

 作品紹介に移ります。50局中37局が不完全と書きましたが、内訳は余詰35局、不詰2局です。また17局はあぶりだし曲詰ですが除外します。
 初出誌は刊本以外は月報のみです。

第1番 1942年3月
1

17香、同と、25金、同玉、24飛、同歩、26角成、34玉、46桂、同歩、
24銀成、43玉、55桂、同金、33成銀、52玉、64桂、同成銀、42成銀、61玉、
73桂、同歩、62歩、71玉、72歩、同角成、61歩成、同玉、72銀成、同玉、
83角、63玉、64と、同玉、53銀、54玉、44馬、63玉、72角成、同玉、
62銀成
まで41手詰

14飛、同玉、15歩、同玉、25金、同玉、26角成、34玉、25馬、44玉、56桂、53玉、54と、同玉、43馬、同玉、44金、52玉、64桂打、同成銀、同桂、62玉、54桂、63玉、74銀成までの余詰。

 作意は、18角の利きを通して打歩詰を回避するために、桂を打ち捨ててこじ開けていくというものです。
 大塚さんの写本(以下、「大塚写本」と称)によれば、訂正は1941年2月、9月、1942年3月の3回行われたとのことです。これがその最後の訂正ということでしょう。

 下に初出図を掲げます。反転しています。
1

75銀、76玉、
67金、同桂成、同銀、75玉、77龍、同と、97馬、74玉、
66桂、同歩、84金、63玉、55桂、同金、73金、52玉、44桂、同成銀、
62金、41玉、33桂、同歩、42歩、31玉、32歩、同角成、41歩成、同玉、
32と、同玉、23角、43玉、44と、同玉、53銀、54玉、64馬、43玉、
32角成、同玉、42銀成
まで43手詰

 
67銀、同桂成、同金、75玉、77龍、同と、97馬、74玉、84金、63玉、73金、52玉、62金、41玉、32と、同玉、23香成、41玉、33桂、同成銀、42歩、31玉、32歩、同成銀、41歩成、同玉、32成香、同玉、24桂、33玉、34と以下。
 
73金、52玉、62金以下。

 次に「将棋月報」1941年1月
1

 手順は最終図と同じ。この図にも余詰がありますが、玉方51歩を加えれば完全作でした。最終図は、駒取りを避けて24桂を外したために飛車の利きが一筋まで通ってしまったのがアダになりました。

刊本図です。余詰作。
1_2

 最終図を生かすとなると、玉方14歩を攻方にして、玉方11歩と置けば完全にはなりますが。

 ところで、本局は「夏木立型」と上田さんが書き込んでいます。
 「夏木立型」って何やろ。

 「夏木立」オリジナルは『将棋図巧』第10番です。

Photo

31馬、同玉、32歩、42玉、52と、同銀、43歩、同銀、53銀、32玉、
43金、同玉、44銀打、54玉、45金、同成桂、同龍、同玉、37桂、同龍、
36金、54玉、46桂、同龍、45金、63玉、55桂、同龍、54金、72玉、
64桂、同龍、63金、
同龍、73馬、61玉、71銀成、同玉、82と、61玉、
72と、同龍、同馬、同玉、82飛、63玉、62飛成、54玉、64龍、45玉、
55龍、36玉、46龍、同玉、47金、45玉、46金、54玉、55金、63玉、
64金、72玉、73歩、71玉、62銀生、同玉、53銀成、61玉、72歩成、同玉、
63金、71玉、62成銀
まで73手詰

 18手経過した局面がこちら。
Photo

 ここから桂捨て、同龍、金上がり、玉移動の四手一組の趣向がはじまります。
 このように、守備駒を伴いながら玉を追っていく趣向と理解していたのですが、『龍光』第1番も夏木立型に分類されるのですね。


 このブログでも、夏木立型の作品は既に紹介しています。
 『酒井桂史作品集』第82番です。
 『龍光』第1番は、酒井作の横型を斜めにしたような作品ですね。

 なお、横型の夏木立趣向はおそらく次の作品が嚆矢かと思われます。

久留島喜内作『将棋妙案』第100番
100_2

88金、99玉、89金、同玉、79金、同玉、78金、同玉、77龍、69玉、
58銀、同玉、57馬、49玉、38銀、同玉、68龍、37玉、48龍、26玉、
28龍、16玉、15と、同玉、48馬、14玉、47馬、13玉、12成香、同玉、
56馬、11玉、17龍、21玉、12龍、31玉、41香成、同玉、23馬、51玉、
62歩成、同銀、63桂、同銀、33馬、61玉、72歩成、同銀、73桂、同銀、
43馬、71玉、82歩成、同銀、53馬、81玉、63馬、91玉、92歩、同玉、
84桂、93玉、82龍、同玉、72馬、93玉、94銀、84玉、83馬
まで69手詰


----- つづく -----

« 四?連続打捨て | トップページ | 『将棋龍光』その3 »

『将棋龍光』全作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1793064/55512492

この記事へのトラックバック一覧です: 『将棋龍光』その2:

« 四?連続打捨て | トップページ | 『将棋龍光』その3 »

サイト内全文検索

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ