« 続続実践編・金一回転 | トップページ | ワレ発見セリ »

2014年3月19日 (水)

偏愛的邪魔駒消去作品

 ブログを書くより、詰将棋をつくっている方が楽しいですね。うまくいかないときはなお楽しい。(^^;

 邪魔駒消去は好きな手筋で、随分つくっています。ネタがないときは邪魔駒消去、という感じで。(笑)

 邪魔駒消去とは、攻駒が盤面にあることにより詰みに至る手順の障碍になっているとき、これを消去する手法をいいます。自ら動いて消える場合を直接消去、玉に取らせて消す場合を間接消去と呼んでいます。

 では直接消去の例から見ていきましょう。

拙作「京都民報」1985年12月
Photo

22角、同玉、33角、12玉、11角成、13玉、12馬、同玉、32飛成、13玉、
23金、14玉、12龍
まで13手詰

 33角、12玉となった局面で33角がなければ32飛成とできるので、打ったばかりの角を消します。
 なお、角打ちはいずれも限定打です。解答発表時、若島さんに「好作です」と褒めていただきました。(^^)

 今度は間接消去です。

拙作「将棋ジャーナル」1986年6月
2

23角生、24玉、45角成、23桂合、同飛生、14玉、26桂、15玉、13飛生、14銀合、
16歩、24玉、35馬、同玉、33飛成
まで15手詰

 24桂がなければ、23角成以下簡単。23飛成や角成では桂を消すどころか打歩詰になってしまうので、角不成で消します。不成による邪魔駒消去というヤツです。

 このように、邪魔駒消去の最少ユニットは4手です。
 柳原編集長(当時)から、邪魔駒を一枚消して戻すのに100手かかる長篇をつくりたいという話を聞いたことがありますが、あれはその後どうなったのかな。

 邪魔駒消去にはすばらしい作品がたくさんあります。そこで、私の好きな作品を5局。
 偏愛的と断っておりますように、客観性は全くありません。従って、何故アレが入っていないのか、などの抗議は受け付けません。(^^;

 発表順。どれが一位かなどの順位はありません。

伊藤看寿作「将棋図巧」第76番
Photo_2

58歩、同飛成、67金、同龍、58歩、同龍、48角、同龍、58歩、同龍、
同馬、同玉、68龍、47玉、57飛、36玉、38龍、26玉、16金、同玉、
17飛、26玉、27歩、17玉、18龍
まで25手詰

 初手67金と早まると、同飛不成で打歩詰になります。
 37角が邪魔駒。最初見たときは、何でこんな手順が成立するの? と思ってしまいました。



柏川悦夫氏作「将棋世界」1953年11月
Photo_3

24歩、22玉、23歩生、同玉、24飛、32玉、21飛成、33玉、45桂、同と、
24龍、32玉、14角、同歩、21龍、33玉、34歩、同玉、24龍
まで19手詰

 初形から22銀は邪魔駒、25角は途中から(45桂、同との時点で)邪魔駒になります。こんな自然な形から見事な手順が入るのが柏川氏ならでは。


岡田敏氏作「詰パラ」1958年2月
Photo_4

86飛、75玉、76歩、同銀、65角成、同銀、76香、同銀、83飛成
まで9手詰

 取れる駒を取らずに動かしておいて、あいたところに空成り。岡田さんに「この作品が一番いい」と言ったら、「他にないのか」と言われたことが。すみませんでした。


角建逸氏作「近代将棋」1984年5月
Photo_5

63銀生、75玉、76飛、85玉、74銀生、84玉、73銀生、85玉、86飛左、95玉、
84銀生、94玉、83銀生、95玉、96飛、85玉、74銀生、84玉、73銀生、85玉、
86飛右、75玉、64銀生、74玉、94飛
まで25手詰

 捨駒ゼロ。ロボットダンスみたいでいいですねえ。


山本民雄氏作「近代将棋」1984年7月
Photo_6

73馬、同玉、76龍、62玉、74桂、73玉、62桂成、同玉、66龍、65歩合、
同龍、73玉、76龍、75歩合、同龍、82玉、81と、93玉、94歩、同玉、
85角成、93玉、84龍、同歩、94歩、83玉、75桂、72玉、63馬、61玉、
62歩、51玉、41銀成
まで33手詰

 5手目、74桂から62桂成と消去します。この図はリアルタイムで見ましたが、解けませんでした。どのあたりで詰まったのか、もう覚えていませんが。

« 続続実践編・金一回転 | トップページ | ワレ発見セリ »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1793064/55432793

この記事へのトラックバック一覧です: 偏愛的邪魔駒消去作品:

« 続続実践編・金一回転 | トップページ | ワレ発見セリ »

サイト内全文検索

酒井桂史『琇玉篇』解題

無料ブログはココログ