« 続実践編・金一回転 | トップページ | 続続実践編・金一回転 »

2014年2月13日 (木)

続・飛先飛香

 久しぶりに創作に励み、パラに一局投稿しました。
 返送されませんように。(^人^)
-----

 飛先飛香の続編。
 打歩にも、香温存にも関係のない変わり種です。

流田義夫氏作「近代将棋」2001年5月
Photo

25桂、14玉、13金、同飛、同桂成、同香、15飛、同玉、37馬、26飛合、
同馬、同銀成、27桂、同成銀、25飛、14玉、23龍
まで17手詰

 同香は、同桂成、同飛、15香、同玉、37馬、26金合、同馬、同銀成、27桂、同成銀、25金まで2手早い。

 玉方飛先飛香の一種とみなしています。
 すぐに回収できることを見越して飛車を渡し、あとで合駒に使う算段です。

 この手筋の最初の作例は若島さん作でしょうか。


若島正氏作「京都民報」1986年8月
Photo_2

53馬、35飛、同馬、同香、18飛、同玉、16龍、17飛合、同龍、同玉、
18歩、同玉、29銀、同玉、23飛、39玉、28飛成、49玉、48龍
まで19手詰

 35歩合は、同馬、同飛、18歩、同玉、16龍、17金合、同龍、同玉、27金、18玉、28金、19玉、29金まで15手。

 35飛の移動合、18飛は流田氏作では13同飛、15飛ですね。
 回収目的の不利応接ということになるでしょうか。


原亜津夫氏作「詰パラ」1998年5月
Photo_3

32角、23飛、同角成、15玉、14馬、同玉、 15飛、同玉、23歩成、26玉、
46龍、36飛合、44角成、15玉、33馬、同飛、16龍、同玉、17金、15玉、
16香
まで21手詰

 23歩合は、同角成、15玉、14馬、同玉、15歩、同玉、23歩成、24歩合、同馬、26玉、36龍、同玉、46馬、26玉、27歩、15玉、24馬まで19手。
 26玉は、46龍、36合、44角成、15玉、33馬、26玉、27金まで17手。

 26玉の変化に、作意との違いがよく表れています。攻方に飛を渡して回収すれば、36飛合と打つことができて、33馬を同飛と取れるしくみです。


 飛先飛香から脱線しました。

「近代将棋」2004年2月
Photo_4

25飛、24歩合、同飛、13玉、23飛成、同玉、25香、32玉、33歩、同桂、
31角成、同玉、41銀成、32玉、42成銀
まで15手詰

 25香は、23歩合、同香成、11玉で不詰。
 同香不成は13玉で不詰。
 23歩合は、同飛成、11玉、21龍、同玉、31角成、11玉、23桂まで。
 同玉は、25香、32玉、33歩、同桂、31角成以下13手。

 センスの良さが感じられる美しい図ですね。
 拙作です。(笑)
 香を先に打つと、23歩合で成るか成らぬかの打診をされてどちらも詰まない。飛車なら、問答無用で捨合を突破できるのです。


谷口均氏作「詰パラ」2010年6月
Photo_5

44飛、51玉、43桂、61玉、71歩成、同銀、63香、62銀、51桂成、同玉、
71飛成、同銀、42と
まで13手詰

 44香は、43歩合、同香生、51玉で43桂が打てないので詰まない。
 43歩合は、同飛成、51玉、42と、61玉、52とまで。

 これも香を先に打つと、中合で逃れます。拙作は成っても成らなくても王手にはなりますが、こちらは不成でいく手しかなく、利きの弱さゆえに詰まないのです。先に香、なら桂の打ち場所をつぶしておくわけで、拙作の意味付けとも違います。

 もっと色々できそうな気がします。

« 続実践編・金一回転 | トップページ | 続続実践編・金一回転 »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1793064/54979574

この記事へのトラックバック一覧です: 続・飛先飛香:

« 続実践編・金一回転 | トップページ | 続続実践編・金一回転 »

サイト内全文検索

酒井桂史『琇玉篇』解題

無料ブログはココログ