« 酒井桂史名作選5 | トップページ | 酒井桂史名作選7 »

2014年1月24日 (金)

酒井桂史名作選6

 退路を開ける不利逃避の作例をもう一つ見つけました。

近藤真一氏作「詰パラ」1979年8月
Photo

25飛、14玉、24飛、15玉、25飛、16玉、26飛、15玉、42角、33桂合、
同角成、同香、25飛、16玉、28桂、同銀、23飛成、34香、26龍
まで19手詰

 七條氏作に似ていますが、すっきりしているところが手柄でしょう。
 取れる駒を取らない手筋と不利逃避は表裏の関係ですね。
-----

『作品集』第61番「将棋月報」1928年8月
Photo_3

43角成、同玉、47香、同龍、46香、同龍、45香、同龍、44香、同龍、
41飛成、53玉、44銀成、62玉、53成銀、同玉、65桂、同と、43飛、62玉、
61龍、同玉、63飛成、51玉、52銀、42玉、43龍、31玉、32龍
まで29手詰

 同龍は、24と、45玉、47香、46合、57桂、35玉、25とまで。
 35玉は、44馬、46玉、47香、同玉(同龍は38桂、同龍、57龍まで。49桂はこのための配置)、48金、同玉、66馬、38玉、58龍、27玉、29香以下。

 44同龍は、同銀不成、同玉(26玉は、25飛、17玉、19香、18合、11飛成、16合、29桂まで)、45香、同玉、46香、同玉、47香、35玉、25飛、34玉、24とまで。
 ロ34玉は、24銀成、35玉、25成銀まで。

 46香は、34玉で不詰。
 46歩合、45歩合は、41飛成、34玉、24銀成以下。
 34玉は、24と、35玉、25と、46玉、38桂、45玉、46香、同龍、41飛成、54玉(56玉は46龍、67玉、66龍まで)、57香、55合、46桂以下。
 34玉は、24と、35玉、25と、45玉、57桂打、同龍、同桂、46玉、43飛、37玉、48飛成、27玉、29香以下。
 34玉は、24と、35玉、25と、46玉、57龍まで。
 73玉は、65桂、同と、63成銀、同玉、74銀、72玉、71飛、82玉、81飛成、93玉、84金まで2手早い。

 史上初の四香連打です。
 変化読みが非常に大変。
 常に遠くから打つのは、香の背後に潜り込まれないため。取らせて龍を連れてくれば、潜られる心配がありません。中合は龍との挟撃で、すべて無効になっています。すばらしい配置の妙ですね。
 なお玉方94銀の意味は以前調べたことがあります。これには61龍、73玉、93飛と打てて早く詰みます。
 代表作の一つでしょう。

 その後、酒井作のように縦の連打ですべて同一の守備駒に取らせる作は数局生まれているようです。


田中至氏作「詰パラ」1964年7月
Photo_4

43歩成、同香、62歩成、同玉、72歩成、同歩、63飛、52玉、61飛成、53玉、
63龍、44玉、43龍、55玉、45龍、64玉、65龍、53玉、63龍、44玉、
48香、同成桂、47香、同成桂、46香、同成桂、45香、同成桂、43龍、55玉、
45龍、64玉、65龍、53玉、63龍、44玉、43龍、55玉、47桂、同と、
56歩、64玉、63龍、75玉、65龍、86玉、85龍、77玉、78歩、67玉、
87龍、同と、68銀
まで53手詰

 初形で四香が持駒にない唯一の作例かもしれません。
 龍を回転させる途中で、四香を桂一枚に換える狙いがすばらしい。


池原雅幸氏作「詰パラ」1982年2月
Photo_5

36香、同と、35香、同と、34香、同と、33香、同と、13角成、21玉、
22馬
まで11手詰

 一気にダウンサイジング。
 同飛は、44角成、23玉、24香、同玉、36桂以下同手数駒余り。
 23玉は、13飛成、34玉、43龍、24玉、13角成まで同手数駒余り。
 上部を順次塞いで、あっさり詰みます。うまいですね。


村田顕弘氏作「詰パラ」2008年4月
Photo_6

26香、同飛、25香、同飛引、24香、同飛、23香、同飛、31と、11玉、
77馬、44香合、同馬、同歩、12香、同玉、23桂成、同玉、24飛、13玉、
14歩、同飛、同飛、同玉、24飛、13玉、14歩、12玉、21飛成
まで29手詰

 24香は、32玉で不詰。
 25香は、同飛で不詰。
 32玉は、31角成、33玉、43馬まで。
 同とは、24香、23に何を合駒しても簡単。32玉は、43桂成、41玉、96馬まで。飛の横利きが消えています。
 同飛寄は、31角成、11玉、12歩、同玉、13香まで。
 44桂合は、同馬、同歩、23桂生、22玉、32飛、13玉、14歩、同玉、15角成、同玉、35飛成、14玉、15飛以下同手数駒余り。
 12歩は、22玉、23桂成、同玉、24飛、13玉、14香、同飛、同飛、同玉、24飛、13玉で14歩が二歩。こんなところで、香先香歩が出るとは恐れ入りました。

-----いつになったら週1ペースに(>_<)、つづく-----

« 酒井桂史名作選5 | トップページ | 酒井桂史名作選7 »

酒井桂史名作選」カテゴリの記事

コメント

皆さんが妄想しないだけで、不利逃避の意味付けは他にも結構ありますよ。

相馬さま

コメントありがとうございます。
是非、実作で見せて下さい。
期待してます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒井桂史名作選6:

« 酒井桂史名作選5 | トップページ | 酒井桂史名作選7 »

サイト内全文検索

酒井桂史『琇玉篇』解題

無料ブログはココログ