« 距離計だらけ | トップページ | 『将棋大綱』佳局選2 »

2014年1月 8日 (水)

難問です

 ※ 1月9日、補正図を追記しました。
-----
 これは難問です。
 玉の初形位置が次の配置になっている作品集は何でしょう。
 黄色の部分は2局以上同居していることを示しています。
1




















 分かりましたか?
 八代宗桂の『将棋大綱』(1765年。以下、『大綱』と略)です。全格配置をめざしたにしては、ずいぶん空きがありますね。もう少しで全格という雰囲気でもなければ、左右対称形でもないので、あまり気合が入っていないような。
 ちなみに九代宗桂『将棋舞玉』の玉配置はこのようになっています。

2

 これは51玉配置の作品どれかを45へ持ってくれば、左右対称形にはなったのに、残念ですね。
 八代宗桂は三代宗看の9歳下の弟で、伊藤看寿の4歳上の兄。九代宗桂の父です。
 『大綱』は打歩詰回避・誘致の不成物が多く、ざっと数えてみたら54局ありました。
 また不完全作は半数以上、53局あります。どうも気合が入っていませんね。
 以前、三上毅氏の作品集『木葉』に付いていた門脇芳雄氏の『大綱』解説を見た記憶はありますが、何が書いてあったかさっぱり思い出せません。他の解説も見ていませんので、例によって無手勝流で思うところを書くことにします。

 なお、野田市立図書館のホームページには、『大綱』(「八代目作物」という表記です)の図面だけでなく解答(「図式諸書下書」という表記)もあり、無双、図巧などいろいろ揃っていて、いずれも影印なのでとても楽しめます。

『大綱』第4番
004

44飛、53玉、43飛生、62玉、42飛生、73玉、72飛生、83玉、82金、84玉、
95角、同飛、
96桂、同飛、95馬、同飛、96桂、同飛、85歩、95玉、
87桂
まで21手詰

 『大綱』100番を並べてみて、八代宗桂は翻弄物が好みであることが分かりました。看斎は退路塞ぎ、八代は翻弄物、これ大事です。(笑)

 飛不成を連ねる軽い序奏。そして95角からの手順は何をやっているのかというと、打歩詰を回避するために囲い駒を消去して85歩を打てるようにしているのです。途中で飛を取ってしまうと、退路ができて詰まない.....はずが、この図は95同馬、同玉、97飛、84玉、96桂、同香、85歩、94玉、74飛成、84合、96飛、95合、83龍までの余詰がありました。
 修正は、玉方98と配置で簡単に直ります。

※ 2014年1月9日記
 37金は何のためにあるんだろうと思ったら、
 95馬、同香、85歩、94玉、74飛成に84金合をなくすための合駒制限でした。これなら41銀でなく、51金と置けばいいですね。ただし、単に37金を取り去ると44飛に55玉で詰まなくなるので、そこら辺を直してみました。持駒の歩は無くして捨合で入手します。23手詰。
 もう一枚置けば初手は限定打になりますが、せっかく右辺がすっきりしているのでこれでもいいかな。
 2手目53玉は、26馬、35歩合(42玉は、54桂、51玉、31飛成以下)、同馬、同桂、52金、同玉、32飛成、61玉、62歩、51玉、42龍まで。4手目55玉は、66角、同銀、45飛、56玉、46飛、67玉、77金打、同銀、同金、57玉、69桂まで。8手目51玉は、41飛成、62玉、26馬、73玉、71龍、83玉、72龍、84玉、62馬、73合、85歩、74玉、63馬まで21手。おお、馬も右へ左へ活躍しているじゃあーりませんか。(^^;

0042


『大綱』第7番
007

73桂成、同桂、65金右、同桂、85金、同玉、77桂、同桂生、89龍、同桂成、
95角成、同歩、94角、74玉、83角成、85玉、86歩、同と、94馬、74玉、
75歩、73玉、83と、62玉、84馬、53玉、52銀成、同玉、44桂、53玉、
62馬、同玉、52金
まで33手詰


 玉方桂の四段跳ね出し。うーん、ホモ・ルーデンスですなあ。
 常にその応手しかないように局面を単純にしてうまく手順を絞っているのに、86歩の手順前後が成立しているのは惜しいですね。
 これは66金を66銀にし、攻方67歩を置けば限定できます。

-----そこはかとなく、つづく----

« 距離計だらけ | トップページ | 『将棋大綱』佳局選2 »

『将棋大綱』佳局選」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1793064/54529066

この記事へのトラックバック一覧です: 難問です:

« 距離計だらけ | トップページ | 『将棋大綱』佳局選2 »

サイト内全文検索

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ