« 和綴じ限定本『名局リバイバル』 | トップページ | 『詰将棋の世界』『続・詰将棋の世界』 »

2013年10月13日 (日)

超レア!完本『余詰余話』

ヤフオクの出品タイトルじゃないって。(^^;

Pa120010_2

Pa120012_2

地方の週刊紙に掲載されたものなので、初めて見たという人が多いと思う。
私は毎回リアルタイムで読んでいた。
川島武男氏がどういう人か私は知らないのだが、書誌的なことはここにある通りである。

Pa120015_2

この頃、詰将棋の知識はほとんど皆無だったが、この作品には震えを覚えるほど感動した。
何が起こったのかが、理解できたのである。
こんな作品を見たら、自分でもつくってみたくなるというものだ。
見なきゃ良かった。(笑)
ちなみに、私が切り抜いた現物はこちら。↓

Pa130004_2

全43回の内容は次の通りである。

1 1983年4月3日 最長手数 山本昭一氏作「詰将棋パラダイス」1982年7月号「メタ新世界」941手詰
2 4月10日 永遠の敵 余詰について。若島氏作「京都民報」1983年3月懸賞出題作11手詰より
3 4月17日 不詰 『将棋無双』第73番75手詰
4 4月24日 変化長手数 若島氏作「京都民報」1982年1月懸賞出題作11手詰より
5 5月1日 変化別詰 若島氏作「京都民報」1980年9月懸賞出題作13手詰より
6 5月8日 専門雑誌 「詰将棋パラダイス」の紹介
7 5月15日 個人作品集 岡田敏氏作品集『群流』第30番15手詰
8 5月22日 「詰むや詰まざるや」 『将棋図巧』第100番611手詰
9 5月29日 5手詰が詰まなかった話 酒井克彦氏作「詰将棋パラダイス」1965年9月号幼稚園5手詰
10 6月5日 私の処女作 若島氏作「詰将棋パラダイス」1966年4月号幼稚園5手詰
11 6月12日 10分で八段 谷口均氏作「将棋世界」1983年6月号9手詰
12 6月19日 私の好きな古典作品 添田宗太夫『将棋秘曲集』第2番15手詰
13 6月26日 子ども心に感動した作品 九代大橋宗桂『将棋舞玉』第8番41手詰
14 7月3日 詰将棋を創ろう 初代大橋宗桂『象戯馬法』第42番23手詰
15 7月10日 裸玉 『将棋図巧』第98番31手詰
16 7月17日 煙詰 『将棋図巧』第99番117手詰
17 7月24日 恋唄 『恋唄』第44番7手詰
18 7月31日 詰将棋をつくろう 読者の投稿作の紹介
19 8月7日 珍形 堅山道助氏作「近代将棋」1965年7月号5手詰
20 8月14日 必至 若島氏作
21 8月21日 ばか詰 山田嘉則氏作5手詰
22 8月28日 読者の投稿 盤八十一(大橋虚士)氏の投稿作
23 9月4日 双玉 『恋唄』第19番13手詰
24 9月11日 大道棋 香歩問題。25香に対して、24桂合、23金合の二段中合で不詰の図
25 9月18日 実戦型 『恋唄』第88番23手詰
26 9月25日 入玉形 『恋唄』第28番=『盤上のファンタジア』第18番13手詰
27 10月2日 遠打その1 『将棋無双』第10番19手詰
28 10月9日 遠打その2 『将棋図巧』第62番23手詰
29 10月16日 遠打その3 山本民雄氏作「詰将棋パラダイス」1970年11月号11手詰
30 10月23日 遠打その4 上田吉一氏作『極光21』第44番23手詰
31 10月30日 打歩詰その1 『恋唄』第78番17手詰(金先金歩)
32 11月6日 打歩詰その2 北原義治氏作「将棋世界」1962年10月号15手詰(飛先飛香)
33 11月13日 打歩詰その3 『恋唄』第40番21手詰(玉方銀先銀歩)
34 11月20日 打歩詰その4 『恋唄』第7番=『盤上のファンタジア』第55番21手詰
35 11月27日 打歩詰その5 森長宏明氏作「近代将棋」1977年12月号15手詰
36 12月4日 打歩詰その6 北川邦男氏作「近代将棋」1968年6月号15手詰
37 12月11日 打歩詰その7 森田正司氏作「詰将棋パラダイス」1959年9月号17手詰(森田手筋)
38 12月25日 打歩詰その8 伊藤果氏作『残影』第83番27手詰
39 1984年1月1日 趣向 『恋唄』第6番47手詰
40 1月8日 趣向その2 『恋唄』第31番=『盤上のファンタジア』第87番41手詰
41 1月15日 趣向その3 『将棋図巧』第28番39手詰
42 1月22日 趣向その4 『将棋無双』第32番35手詰
43 1月29日 私の代表作 『恋唄』第100番=『盤上のファンタジア』第96番「夢の浮橋」93手詰

« 和綴じ限定本『名局リバイバル』 | トップページ | 『詰将棋の世界』『続・詰将棋の世界』 »

詰将棋」カテゴリの記事

コメント

これ、製作したのは田代達生さんです。わたしも本棚を探せばどこかに1冊あるはず。たしかに超レア本か。

ひええ。
ご本人からコメントをいただき恭悦至極です。
こんなとこまで見ていらっしゃるとは...。心せねば。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超レア!完本『余詰余話』:

« 和綴じ限定本『名局リバイバル』 | トップページ | 『詰将棋の世界』『続・詰将棋の世界』 »

サイト内全文検索

酒井桂史『琇玉篇』解題

無料ブログはココログ