2017年4月 2日 (日)

忘れられた論客 その20

 杉本兼秋は1943年6月号から9月号まで「福泉藤吉撰 將棋新選圖式」を解説している(第40番まで)。いったん5月号で有馬康晴が第10番まで解説したのだが、6月号に「都合により本號より杉本氏の解説として改めて發表致します一部故岡田秋葭君の協力によって完成された物である事を記しておきます ありま」とある。

 月報1944年1月号に「日本詰將棋作家協會設立要項」が発表された。
 杉本兼秋の功績の一つであろう。

第一條 本會設立ノ目的ハ發表圖ノ統合ト其ノ配給網ヲ確立シ斯道ノ向上普及ヲ圖ルニアリ

に始まり第三十條まである。その中で

第十四條 現在一ケ年ヲ通ジ一作品以上ノ詰圖ヲ創作シアルモノニシテ入會申込或ハ理事長並理事ノ推薦ニ依リ會長之ヲ認メタル場合本會會員トナス
新會員ノ氏名ハ其ノ都度發表ス

という規定が目を惹いた。
 作家協会といっても、著作権を守るというような団体ではなく、月報への作品発表がスムーズに行われることに主眼がある。いわば月報内組織である。このため「作圖選定部」「
作圖檢討部」「作圖發表部」「作圖指導部」を設置するとなっている。
 また、付則として「褒賞規定」「解答規定」「作品應募規定」がある。
 これに続いて

---
日本詰將棋作家協會第一期役員

名譽會長 阿部吉藏
會  長  有馬康晴
理 事 長  杉本兼秋
理  事  岩木錦太郎
       大橋虚士
       吉田一歩
       内藤武雄
       小林豊
       佐賀聖一
       澤田和佐(イロハ順)
顧  問  前田三桂、松井雪山
       櫻井蘇月、宮本弓彦

各部擔當
選定部 杉本兼秋
檢討部 當分の間理事兼任
發表部 一部 小林豊   二部 佐賀聖一
       三部 吉田一歩 四部 岩木錦太郎
       五部 澤田和佐
指導部 有馬康晴(但し病氣中理事長兼任)

役員新任の辭

名譽會長 阿部吉藏
今回杉本氏の御骨折により前記の如く萬全なる内容は詰將棋界に一新機軸を齎らす誘因であります。その勞を謝すと共に私の兎角役員諸氏に及ばぬものを痛感し、今後の努力發展に努めますれば讀者諸彦の一層の御協力と御鞭撻とを願ひ詰將棋の發達を祈るものです。

會長 有馬康晴
病氣中

理事長 杉本兼秋
大東亞戰第三年目の新春を迎ふるにあたり昨春以來懸案の日本詰將棋作家協會が愈設立の運びとなりました事は御同慶の至りに存じます 諸氏の御推薦により不肖若輩の身を以つて非力をも顧みず理事長と云ふ重責をお引受け致しましたが淺學菲才果して此の重責を全ふ(ママ)出來るか否か甚だ疑問でありますが有馬會長はじめ理事諸氏會員各位の御指導御鞭撻を幾重にもお願ひ申上げ諸氏の御期待に副ひ得る様努力を續ける覺悟で御座ゐます
詰協發足に當り一言御挨拶申上げます

理事 岩木錦太郎
 有馬杉本兩大家の御努力に依つて詰協も愈々其の第一歩を踏み出すに至つた。邦家の爲め誠に祝福すべき事である。
 昇る陽は大きい。──流石に杉本兄が御骨折だけあつて、會長以下一騎當千實力所の網羅。我等をして、これなら詰協も不朽不易、先づ先づ今後の發展疑ひ無しの感を大いに懐かせる。
 詰將棋が決戰下の娯樂として最も愼ましやかなものである事は今更論ずるまでも無いが、我々は生産戰に勝ち抜く爲、而して其の原動力を蓄へる爲め、大いに詰將棋を利用していいと思ふ。
 幸ひ同好諸氏の御援助に依り、一日も早く、詰協が確固不動の礎を築かん事を希ふと共に、微力乍ら私も何かと御役に立ち度いと思つてゐる。

理事 吉田一歩
帝國が歴史上かつて未だ他にその類を見ざる超大戰爭の真つ只中に有つて
戰支那事變七度目大東亞戰三度目の新年を迎え(ママ)られたる事は何んと云ふ幸せ誠に感謝に堪えません此れに過る喜びは有りません誌友皆様と共に心から御祝申上ます 此の事實と並んで日本作家協會が誕生致しましたるは詰棋界にとり近頃の大快事で有ります
設立に御奮闘下さつた先輩諸兄に厚く御禮申上ると共に誌友諸兄に手前淺學非力にて厚顔乍ら三部を受持ち努力致しますれば何卒御教示御後援の程を切に御願ひ申上ます

不鮮明なため判読し難いが「聖」か

理事 小林豊
 此の度杉本兼秋氏のお骨折に依り茲に多年懸案の「詰將棋協會」設立の運びと相成り私も同人の一人として微力を盡す事となりました
 顧みれば昨年十月本誌月例詰棋欄の擔當者たる里見義舜先生が突然御退陣致され月報名物の詰棋欄も遂に後任者なきため終熄を告ぐるかと思はれました、主幹初め有馬康晴氏も此の傳統と光輝ある詰棋欄の消滅を憂へ巳むなく「詰協」同人にて之が繼續を引受ける事となりました「詰協」の微力が些かにても本誌詰棋欄の進歩發展に寄與する事を得ば私達同人望外の喜びとする所です
 「詰協」發足に當り一言御挨拶を申上げ、切に讀者誌友の御指導と御協力をお願ひする次第です

理事 佐賀聖一
待望の詰將棋作家協會が設立され、私も其の役員の一人に選ばれましたがはたして若輩者の私に其の資格が有るかと云ふ事は甚だ疑問です。が、例の如き圖々しさを以てとにかくお引受致しました。どうかよろしくお願ひします。

理事 澤田和佐
 決戰下第三年目の新春に當り待望の詰將棋作家協會が結成されました事は我等詰將棋人として此の上無き喜びであります。此詰棋隣組に於ける第五部と言ふ一世帶主として不肖小生が選ばれましたる事は何よりの名譽な事であり、又一方果して鈍骨良く一家を背負つて家長としての責任を全う出來るかと不安にも思ひます 併し一度お引受けしたからには粉骨碎身懸命の努力を盡して家族たる第五部黨の誌友諸兄の御期待に應へん覺悟であります
 何卒がつちりと手を組んで第五部發展へ邁進出來ます様御後援御指導を切にお願ひ申し上げます
(イロハ順)
---

 第五部は1943年2月新設。当初の担当は南出岩樹。9月号に選者交代の記事がある。南出による紹介文には「氏は眞に詰將棋に對する熱深く所謂名實共の大家であります」とある。澤田和佐は回文になっていることから筆名かもしれないが、正体不明である。
 岩木錦太郎の文章が最も熱がこもっているように思えるが、岩木は「詰將棋作家協會」設立について何度か書いていたのである。
 2月号で月報は廃刊し、この設立はまぼろしに終わることになる。

2017年4月 1日 (土)

加藤文卓の「圖巧解説」その24

月報1928年12月号

圖巧解説
二峰生

前號九九生としたのは二峰生の誤りでしたから茲に訂正します

第六十五番

0065

93飛成、89玉、98龍、79玉、78金、69玉、68金、59玉、58金左、49玉、
48金、同馬、58銀、39玉、49金、同馬、38金、同玉、49銀、37玉、
38銀、同と、49桂、同と、38龍、同玉、83角、48玉、47角成、59玉、
58馬也(31手詰)


變化
48同馬の所同桂成ならば
58銀、39玉、49金打、同成桂、38金、同玉、47銀迄

38同との所同龍ならば
同龍、同玉、83角、49玉、39飛也


第六十六番

0066

38銀、18玉、19香、同玉、82角、同歩、29飛、18玉、81馬、27歩、
19歩、17玉、27馬、同桂成、同飛、16玉、28桂、15玉、17飛、24玉、
14飛、同玉、25金、13玉、12と、同玉、22歩成、同銀、23金、同銀、
同銀成、同玉、24歩、33玉、43金、22玉、32と、11玉、22銀、12玉、
23歩成、同玉、33金、12玉、11銀成、13玉、12成銀、同玉、22と、13玉、
23金也(51手詰)


變化
18玉の所39玉ならば
48角、同玉、47馬、59玉、69飛也

82同歩の所
(一)同飛ならば同馬、同歩、29飛、18玉、19飛打也
(二)46歩間ならば29飛、18玉、81馬、27歩間、19歩、17玉、27馬以下本文に合す
---

19歩、17玉、18香、同桂成、同歩、同玉、16飛、17歩合、29銀、27玉、38角、37玉、47馬まで。
 攻方16桂を追加することによりこの余詰はなくなります(駒場和男氏補正案)。


第六十七番

0067

78銀、同金、88金、同金、同飛、同玉、66馬、同金、89歩、同玉、
98銀、同玉、76角、同金、78龍、97玉、96金、同玉、76龍、95玉、
94金、同玉、74龍、93玉、92金、同玉、72龍、93玉、73龍、94玉、
74龍、95玉、75龍、96玉、76龍、97玉、77龍、98玉、78龍、97玉、
88銀、86玉、87香、95玉、75龍、94玉、84龍也(47手詰)


變化
78同金の所98玉ならば99歩にて容易に詰あり

66同金の所
(一)77歩間ならば78金()98玉、76角、同金、同馬にても容易に詰む
98玉の所97玉ならば
88銀、96玉、76龍、同金、97香
(二)77に他の間駒を打つも殆んど同手順にて詰む、例へば77金ならば78金、97玉、88銀、96玉、76龍、同金、97香、86玉、77金、同金、96金等の手順あり

76金の所89玉ならば
69龍、79銀間、99金、同玉、79龍也

以下の變化は容易なれば略す
---

 98銀も可。


第六十八番

0068

48銀、29玉、28金打、同馬、同金、同玉、19角、同歩成、29歩、同と、
18飛、27玉、28歩、同と、17飛、同成銀、36馬、同玉、25龍、46玉、
47歩、同桂成、55龍、36玉、26金、同玉、25龍也(27手詰)


變化
19同歩の所
(一)同玉ならば18飛、29玉、19飛、28玉、29歩、27玉、17飛上、同成銀、36馬、同玉、25龍以下本文に合す
(二)29玉ならば26龍、27歩、同飛、同桂、同龍、19玉、28銀、29玉、39銀也
此局終りに近く26金の所は25龍と直ちに廻りても詰にて多少遺憾の點あれども19角の妙手を以て歩詰を避くる所は甚だ面白し
---

 25龍、46玉、56金もある。


第六十九番

0069

78金打、同角成、同金、同馬、89金、同馬、88銀、同馬、77龍、同馬、
68角、同馬、89金也(13手詰)


變化
78同角成の所は78同馬、同金、同角成にても同様なり

89同馬の所ならば68玉ならば
78金()58玉、67角、同龍、同龍、49玉、59飛、同玉、68龍、49玉、27角にても詰む
58玉の所59玉ならば
77角、同龍、69金也

88同馬の所同歩成ならば
77龍、78間、57角、同龍、69金也


第七十番

0070

59金打、38玉、49銀、同龍、同金、同飛生、39歩、同飛成、49角、同龍、
28飛、39玉、29飛、38玉、39歩、37玉、28銀、同金、同馬、26玉、
37馬、同玉、38金、同龍、同歩、同玉、39飛打也(27手詰)


變化
49同龍の所37玉ならば
48角にて詰む

同飛不成の所
(一)同玉ならば59飛、38玉、39歩、37玉、28角、同金、同銀、同飛成、38金、同龍、同歩、同玉、39飛迄
(二)同飛成ならば28飛()37玉、38歩、同龍、同飛、同玉、39飛也
37玉の所39玉ならば
29飛、38玉、39歩、37玉、28角也

39同飛成の所同飛不成ならば
28飛、49玉、16馬、38間、59金の詰あり

49同龍の所37玉ならば
27飛、同金、同馬にて詰む


第七十一番

0071

此局はどの手順を以て正解本文と看做すべきかの取捨に迷ふのであるが、此所には次の如く記して置く。但原書記載の手順は誤りと思ふ

67龍、68銀間、59金、同成桂、58銀、同成桂、59金、同成桂、47角、58香間、
同龍、同成桂、同馬、78玉、56角、87玉、76馬、同玉、86飛、75玉、
67桂、64玉、84飛、63玉、55桂、52玉、34角、51玉、41歩成、同玉、
44飛、51玉、42飛成、同玉、43桂成、41玉、42香、51玉、52成桂也(39手詰)


變化
68銀間の所68香間にても全く本文と一致す

58香間の所
(一)58成桂ならば同龍、78玉、56角、87玉、65角、78玉、67馬にて詰む
(二)58銀間ならば同龍、同成桂、同馬以下本文に準じ終局に至り詰早し

87玉の所67桂間ならば
同馬()69玉、47角、58間、59飛、同玉、58馬也
※1
69玉の所87玉ならば
76馬、同玉、86飛にて本文に合す

※1この順は誤り。59飛、同銀成で詰まない。

52玉の所72玉ならば
83角成、81玉、82香、91玉、94飛

51玉の所43歩間ならば
同桂成、63玉、45角()54桂間、同角、同歩、67香()73玉、74歩、72玉、64桂、63玉、83飛成也
54桂間の所他の間駒にても難解とならず例へば、54香間ならば
同角、同歩、64歩、72玉、76香()61玉、71香成、同玉、76香、72間、82金、61玉、72金、51玉、81飛成
61玉の所73歩間ならば
同香不成、同玉、76香、74歩、同飛、83玉、73飛成、92玉、93歩の手順あり
73玉の所
(一)64間ならば83飛成、73間、75桂也
(二)72玉ならば64桂、63玉、83飛成、73間、52桂成、64間、53成桂迄

○變化の部は却つて本文より手數多く之を以て本文としたい様にも思はれるが前記54間に對し同角の所に53成桂と寄つても詰があるので此手順を本文とは看做し難い。
※2 此53成桂以下の詰手順は冗長を避ける爲め省きたいのであるが之を全然省いてしまつては變化ホの部を本文として取らないといふ理由を説かない事になるので次に簡單に其手順を記す

45角、54桂間、53成桂、同玉、54飛、イ63玉、75桂、72玉、74飛、61玉、
71飛成、52玉、62飛、43玉、34金、32玉、41歩成以下詰あり

※2 54香合のときは53成桂では詰まない。

變化
63玉の所
(一)43玉ならば35桂以下詰あり
(二)42玉ならば43歩、32玉、35香此時33間ならば52飛成にて詰み34間ならば同飛にて詰み43玉ならば55桂にて詰む

○此詰圖に對し原書には次の如く解答されてある
67龍、68銀間、59金、同成桂、58銀、同成桂、59金、同成桂、47角、58成桂、
同龍、78玉、56角、87玉、76馬、同玉、86飛、75玉、67桂、64玉、
84飛、63玉、55桂、52玉、34角、51玉、41歩成、同玉、44飛、42歩、
同飛、同玉、43桂成、41玉、42歩、51玉、52成桂也(37手詰)

但前記76馬の所變化の(二)に記した通り65角と指せば容易に詰む、又終局に於て51玉の所は43歩間にて詰無く42歩の所は51玉にて詰が無い

○將棋新報社編「名人詰將棋百番」の中小野名人の作として次の詰圖が掲載されてゐる之は明かに此圖巧七十一番の改作である

Photo

解答は前記を參照すれば容易なり、略す

2017年3月26日 (日)

編輯後記

 月報の「編輯後記」は毎月掲載されていたわけではないが、当時の社会と月報をめぐる環境が窺われて興味深い。
 1925年3月号などはその最たるものである。

---
□二月は余りに淋しいことの多い月でありました、それもこれも不景氣の影響とはいひながら斯うも物質が人間の精神を左右するものかと思ふて底知れぬ悲しみに打たれました、現代の社會にマルクスの思想が延蔓(ママ)しつゝあることは不思議の現象ではありませぬ。
□本誌の經営は非常に困難で毎月多大の欠損をしてゐることは屢々申上げたことでございますが一向に御同情下さる方が少く僅か一ヶ月二十錢や廿五錢の誌代さへも拂込んで下さらぬ方の澤山あるには閉口です。
□一年も二年も送本してゐるのに一錢の送金もせず集金郵便を百出せば八十迄は不拂で戻つて來る有様です、この儘で行けば當然破綻の悲運を見るより外ありませぬ、愚痴ぽい話ですが申さずに居られない状態を御推察下さい。
□私(露秋)が甲府に行つたとき要件の序に誌代を集金したことがあります、その節×××××といふ人は幾らにマケルかといふやうな事を申しました、商人といふものはそんなこと位いふのは普通のことでせうけれ共、愚直な私には腹が立つて涙さへ出るやうな思ひでした。
□三月、四月といへば大抵の國は花の咲く氣候です、陰鬱な冬を過ごして華やかな春を迎へるやうに本誌も現在の窮境を脱して軈(やが)て華やかな盛況の時代に到達することもありませう、それは偏へに讀者諸君の御力です。
□今月號は聊か頁數は少いやうですけれども内容は充實してゐると思ひます。(露)
讀者の中には不徳義な人があります、一昨年五月から送本して居るのに無料だと思ふて居たが有料ならお斷りだとか三十錢を拂込んで二ヶ年餘の誌代を拂はぬ人は足利市の××××や宮崎縣の×××××群馬縣の×××××など本月定まつたのが二百幾人八ヶ月以上の只讀したのは東京府下の×××××や山形縣の者で百幾十人もありました。
---



 月報にマルクスが出てきたのは驚いた。
 この当時の誌代は25銭である。×××××は実名だが、差し障りがあるかも知れないので伏せ字にした。
 「余りに淋しいこと」が何をさしたものか判然としない。露秋は阿部露秋で、主筆という役職であったらしい(1925年1月号の名刺広告による)。阿部主幹とは別人。
 これに先立つ1924年12月号の「訪問旅行記」(編輯後記ではない)には「一昨年より昨年にかけ毎月百圓以上の欠損」があったと記されている。

2017年3月23日 (木)

加藤文卓の「圖巧解説」その23

月報1928年11月号

圖巧解説
九九生述

第六十一番

0061

79金、99玉、88金、同玉、97銀、同と、89銀、99玉、98銀、同玉、
76角、同銀、99銀、87玉、89龍、88桂成、98銀、同と、79桂、96玉、
98龍、同成桂、88桂、同成桂、97歩、85玉、94飛成、同玉、84と也(29手詰)


變化
99玉の所87玉ならば
82飛成、85間、同龍、同銀、57銀、57龍也

97同との所
(一)78玉ならば、79銀、87玉、76角、同玉、67銀、同玉、68銀、76玉、79龍、85玉、84と迄
(二)87玉ならば76角、同龍、99桂、同と、96銀()88玉、79銀、98玉、87銀打、同銀、同銀、89玉、68銀、88玉、77銀上、87玉、82飛成也
88玉の所98玉ならば直ちに87銀にて前記の手順を參照せば容易に詰め得べし

以下の手順は巧妙なれども變化は皆容易なれば略す


第六十二番

0062

17金、同馬、19銀打、29玉、18銀打、同馬、同銀、28玉、22飛、同馬、
23飛、
同馬、73角、18玉、19銀、17玉、62角成、27玉、26馬、38玉、
37馬、29玉、28馬也(23手詰)


變化
17同馬の所29玉ならば
19飛、38玉、37飛打、28玉、19金

28玉の所38玉ならば
37金、28玉、27飛、同香、同金、18玉、17飛、29玉、18角、38玉、37金、28玉、19銀、同玉、63角成也

22同馬の所に變化種々あれど皆容易なり例へば25桂間とせば73角、38玉、37飛、28玉、27飛にて容易に詰む


第六十三番

0063

97金、同玉、86龍、98玉、97龍、同玉、99香、同と、87金打、98玉、
88金、同玉、58飛成、77玉、78龍、86玉、87龍、75玉、85龍、64玉、
55銀、同馬、74龍、53玉、44銀、同馬、63龍、42玉、33銀、同馬、
52龍、31玉、22銀、同馬、41龍也(35手詰)


變化
97同玉の所99玉ならば
98金打、同成銀、同金、同玉、87角、同香成、93飛成、88玉、87龍にて詰む

98玉の所87同成銀ならば
同金、98玉、58飛成、88間、同金、同馬、87銀、89玉、78銀打也

55玉の所73玉ならば
74龍、62玉、63銀、51玉、52銀成、同玉、63龍、42玉、33銀にても容易に詰む

44同馬の所62玉ならば
63銀、51玉、52銀成、同玉、72龍にてよし

---
『象棊攻格』第87番(天明年間)

Koukaku087

28銀、同玉、37龍、同玉、39龍、46玉、36龍、55玉、66銀、同馬、
45龍、64玉、75銀、同馬、54龍、73玉、84銀、同馬、63龍、82玉、
81と、92玉、93香、同馬、91と、82玉、72龍、91玉、81龍
まで29手詰


 同一趣向です。
---


第六十四番

0064

18金、同玉、17金、19玉、18金、同玉、15飛、17桂、同飛、同玉、
27金、18玉、28金、19玉、18金、同玉、19歩、17玉、39馬、同銀成、
29桂、16玉、28桂、15玉、27桂、14玉、26桂、23玉、34金、12玉、
22銀成、同玉、23歩、11玉、22銀、12玉、21銀生、11玉、22歩成、同玉、
32歩成、11玉、12銀成、同玉、23金、同玉、33香成、24玉、34成香、25玉、
35成香、26玉、36成香、27玉、37成香、28玉、39銀、19玉、28銀打、18玉、
27銀、19玉、28銀、同玉、38成香、29玉、39成香、同玉、38馬也(69手詰)


變化
18玉の所29玉ならば
39馬、18玉、28馬、同玉、27金、18玉、19歩、同玉、73馬にても詰む

18同玉の所29玉ならば
前記の變化に合す

39同銀成の所同銀不成ならば
29桂(或は18歩にてもよし)16玉、38馬、15玉、37馬、14玉、26桂以下容易に詰む

以下の變化皆容易なれば略す

2017年3月20日 (月)

「詰将棋パラダイス」1955年10月号
覆面作家


Para54601196

34香、32銀合、同香成、同玉、43銀、同玉、41龍、42香合、53と、同玉、
51龍、52角合、64と左、43玉、
54と上、33玉、34歩、同角、31龍、32飛合、
34と、同玉、32龍、33桂合、12角、23歩合、同角成、同桂、35歩、24玉、
25飛、同桂、34龍、13玉、25桂、22玉、14桂、21玉、23龍、31玉、

22龍、41玉、53桂、52玉、43と、同玉、33桂成、44玉、24龍、45玉、
34龍、55玉、54龍、66玉、75銀、同銀、65龍、57玉、67龍、48玉、
58龍、37玉、59馬、48歩合、同龍、26玉、18龍、35玉、15龍、25金合、
34金、45玉、25龍、35歩合、44金、同香、34龍、55玉、67桂、64玉、
44龍、54銀合、74金、同玉、54龍、64金合、65金、73玉、64金、同銀、
76香、74香合、同香、82玉、83金、同玉、75桂、93玉、94歩、同玉、
83銀、85玉、87香、75玉、86金、66玉、48馬、57歩合、64龍、56玉、
65銀、45玉、54龍
まで113手詰


54と寄、33玉、31龍、32飛合、34歩、同角、同と、同玉、32龍、33桂合、44と、同香、52角、24玉、33龍、同玉、43飛、22玉、34桂以下。

22桂成、41玉、32成桂、51玉、42成桂、61玉、52成桂、同玉、63と右、61玉、53桂、71玉、21龍、82玉、73と寄、93玉、91龍以下。

 本局は「愛を求めて」と題された七種合作品である。「愛」は「合」に掛けていたのである。
 完全なら七種合第一号局だったが、余詰があった。
 
 今回は合駒について講釈を述べる。

---
あいごま【合駒・間駒】
将棋で飛車、角行、香車による王手を防ぐため、そのきき筋の途中に駒を打つこと。また、その駒。間遮(あいしゃ)。合馬(あいま)。間(あい)。
『日本国語大辞典』
---
あいごま【閒駒】
將棋二、敵ノ駒ノ利(キキ)ノ、我ガ駒ニ向キタル時、其駒ト駒トノ閒ニ、歩ナドヲ置キテ防グコト。アヒマ。
『新編 大言海』
---

 『新編 大言海』は「間」(新字体)ではなく、「
」であることに注意。
 「間駒」は良く分かるが、「合駒」は誤用なのだろうか。少なくとも合駒は駒と駒が出「合う」意味ではないし、辞書では「合う」に間の意味は(明示的には)ない。
 しかし「あい」にこの意味があった。
---
あい【間・合】
(一)人、物、事柄などについて、二つのものの間をいう。
(9)「あいごま(合駒)」の略。
『日本国語大辞典』
---

 加藤文卓は一貫して「間」を用いていた。酒井桂史も『琇玉篇』では一箇所を除いて「間」と書いている。
 「間駒」「56角間」の方が気分が出ていて良いかもしれない。

2017年3月19日 (日)

 将棋の駒は次のように分けることができる。

桂、香、歩
飛、角、銀
玉、金

 1は必ず成らなければならないグループ。
 2は成ることも成らないこともできるグループ。
 3は成ることができないグループである。
 桂香歩にとって相手方の一段目(桂は二段目も)は特殊な意味を持っている。ここに着目し分類したのである。

 1は前方にしか利きがないので、利きがない駒は認められないのである。利きがないということは行き所がないことと同義である。
 ここでの仕分けの基準は「成」である。
なるは動作だが、なりは動作の名詞化である。33角成と言う場合、「成」は「なる」であって「なり」ではない。
 以前せきやど図書館にある八代宗桂『将棋大綱』の手書き解答本である『圖式誥書下書』を紹介したが、その記述はカタカナの「ナル」「ヨル」である。漢字一字で書かれている「取」は、当然「トル」と読むのだろう。

 ところで「成る」の辞書的語義について調べてみた。
---
なる【成・為・生】
(一)なかったものが、新たに形をとって現われ出る。
(7)将棋で、王将、金将以外の駒が敵陣の三段目以内にはいったり、そこで動いたりしてその性能が変わる。飛車は龍王に、角行は龍馬に、小駒は金将と同等の性能になり、駒を裏返すことによって表わす。
『日本国語大辞典』
---
なる【化】
(二)變化(カハ)ル。將棊ニ、我ガ駒ノ進ミテ、敵ノ陣地中ニ入レルモノハ、何レノ駒モ裏返シテ金將ノハタラキト變ズ。
『新編 大言海』
---

 『新編 大言海』が飛角を念頭に置いていないのはともかく、「なる」に「化」を当てているのは面白い。これも以前紹介したが、京都府総合資料館に松浦大六寄贈本『
將棊新選圖式』(武田傳右衛門版)があり、解答の部の作品番号の下に「桂不化」「角不化」などとある。また今田政一は月報1942年3月号「十代將軍詰手考」で「不化詰」と書いているので、「化」は十分根拠があると言えよう。
 その「ならず」であるが、「不成」も「不化」も「なる」の否定表現である。「成」が自然であるのに対して「不成」が不自然であり非日常であるのは、指将棋を前提にしているからに外ならない。ところが詰将棋では「不成」は日常なのである。

 「不成」と同様の事態を表すのに「生」を使う。これを「なま」と名詞のように読むのはおかしいので、やはり「ならず」と読むべきだろう。詰パラだけでなく「近代将棋」も「王将」、「詰棋界」も「生」を使っていた。月報は当初「不成」だったが終わりの方で「生」に変わる。正確にいつ変わったのかは調べていないが、1942年12月8日発行の有馬康晴編著『詰將棋吹き寄せ』(將棋月報社刊)は「生」になっている。

2017年3月17日 (金)

加藤文卓の「圖巧解説」その22

月報1928年1月号

圖巧解説
二峯生

第五十六番

0056

57銀、59玉、48銀、同と引、49馬、同と、58馬、同玉、69金、48玉、
58飛、47玉、57飛、同玉、55龍、67玉、57金、76玉、66金、同と、
86金、同玉、85龍、97玉、96龍迄(25手詰)


變化
59玉の所57同玉ならば
58馬、同玉、69金、48玉、58飛也

48同との所
(一)48同玉ならば58馬、同玉、69金、47玉、57飛、同玉、55龍にて以下本文に準ず
(二)48同と行ならば49馬、同と、58馬、同玉、69金、48玉、58飛()37玉、34龍、27玉、36龍、17玉、18歩、同桂成、16龍也
37玉の所47玉ならば
57飛、同玉、55龍、47玉、58金、37玉、35龍にて容易なり

49同との所同玉ならば
69龍、59金間、39金、同と、58馬也

○附記斯様な先輩の非をあばくやうな事を記すのは宜しくないと一部の人から非難の聲もあるが之れは要するに程度の問題であらう先輩諸先生が如何なる詰圖を發表して居やうと之に對して一言も批評がましい事を言うてはいけないとあっては棋界は暗闇である

○將棋新報社編名人詰將棋百番の中に次の圖面がある

Photo

之れは圖巧第五十六番の改作である事は一見して知られる、而して同書記載の解答は
48角、同と、49金、同と、58馬、同玉、69金、47玉、57金、同玉、
55龍、67玉、57金、76玉、66金、同と、86と、同玉、85龍、97玉、
96龍也(21手詰)

古人の作の改作など麗々しく掲げて置くのはどうしても感心が出來ない而して此圖は前記58馬の所69金、同金、55龍の早詰がある

○又次圖も同書記載の一局であるが之れも圖巧二十四番の燒き直しである

2

而して同書記載の解答は
46歩、同と、54銀、44玉、45歩、同と、43銀成、同金、同飛成、同玉、
53金、32玉、42金、23玉、22銀成、同玉、21飛生、13玉、14歩、12玉、
34馬、同歩、13歩成、同玉、23金、14玉、24金、15玉、25金、16玉、
26金也(31手詰)

然るに此圖にも種々の餘詰が見える即ち前記の43銀成の所53銀不成にても次の詰がある
45同と、53銀不成、55玉、44銀、46玉、66飛成、56歩間、28角、37間、55銀、同と、同飛成也

56歩間の所37玉ならば
26龍、38玉、58龍、48間、47馬にて容易なり

又前記42金の所52飛成23玉、22龍にて容易に詰む

○同書には又圖巧七十一番の改作が掲げられてあります此圖七十一番は原書記載の解答に誤があるやうです此等に就いての詳細な事は後日に譲りませう


第五十七番

0057

69金、同玉、58角、同玉、59馬、47玉、48歩、同と、同馬、同玉、
39銀、49玉、38銀、48玉、49銀、59玉、48銀、58玉、59銀、69玉、
58銀、68玉、69銀、79玉、68銀、78玉、79銀、89玉、78銀、88玉、
89銀、99玉、88銀、同玉、18龍、78歩成、89金、77玉、78龍、86玉、
75銀、85玉、86銀、同玉、75龍、87玉、88歩、同成香、同金、同玉、
89香、99玉、83香成、
89銀、同飛、同玉、98銀、88玉、89歩、99玉、
88銀、98玉、99歩、89玉、79龍迄(65手詰)


變化
58同玉の所68玉ならば59馬、79玉、69馬以下容易なり

49玉の所
(一)37玉ならば35龍、27玉、36龍、17玉、18飛、同玉、28金、19玉、16龍也
(二)47玉ならば48銀此時同玉にても38玉にても18龍にて詰む故に58玉と逃るゝ外なく次に59銀にて本文と合す
(三)58玉ならば18龍、69玉、48銀にて容易なり
(四)59玉ならば48銀、68玉、59銀、79玉、68銀、88玉、79銀、99玉、88銀、同玉、18龍の手順となりて本文に合す

69玉の所47玉ならば
48歩、37玉、38歩、同玉、18龍、28間、39金也

89銀間の所
(一)89金間ならば同飛、同玉、78銀、98玉、89金、97玉、77龍にて詰む
(二)89角間ならば同飛、同玉、98角にて本文に準ず

88玉の所98同玉ならば
78龍、97玉、98銀、86玉、87銀、85玉、76龍、94玉、74龍の詰あり此手順本文より手數延びるも詰上り持駒餘る


第五十八番

0058

39銀、47玉、46金、同玉、47歩、同玉、38銀、同玉、49馬、47玉、
58馬、同玉、59金、47玉、39桂、46玉、16龍、同桂、57角、37玉、
48金、26玉、35角、同玉、25金、46玉、47金、55玉、56金也(29手詰)


變化
47玉の所49同成桂ならば
28龍、47玉、57金、36玉、25龍也

16同桂の所36間ならば
57角、同玉、56金の手順あり他は容易なれば略す


第五十九番

0059

87銀、67玉、78銀、同玉、79金、同金、89銀、同金、69金、同玉、
89飛成、58玉、49龍、同玉、94角、同歩、59金、38玉、37金、同桂生、
39銀、同玉、48銀、38玉、39銀、同玉、93角、38玉、48角成也(29手詰)


變化
67玉の所
(一)79玉ならば89金、同玉、98銀、79玉、89金也
(二)87同とならば89金、77玉、88金、同と、同金、67玉、63飛成、58玉、67銀

78同玉の所58玉ならば
69銀、同玉、89飛成、58玉、59金、67玉、66金也

79同金の所67玉ならば
66金、58玉、69金、同玉、89飛成、79間、59金也

89同金の所67玉ならば
63飛成、58玉、59金也

94同歩の所
(一)76歩間ならば59金、38玉、37金、同桂不成、83角成、47桂間、39銀、同玉、48銀、38玉、39銀、同玉、93馬也
(二)76銀間又は67とならば同角と取りて容易に詰む


第六十番

0060

17銀、18玉、19歩、同玉、28銀、同玉、17角生、18玉、19歩、同玉、
39角、16香、28銀、29玉、38銀、同玉、48龍、29玉、38銀、18玉、
19銀、同玉、28角、18玉、19歩、28玉、37銀、19玉、28龍(29手詰)


變化
18玉の所29玉ならば
38銀、同玉、36龍、29玉、27龍左にて容易

28同玉の所29玉ならば
38銀、同玉、36龍、28玉、27龍左迄

16香の所
(一)18間ならば28銀、29玉、38銀、同玉、48龍、29玉、38銀也
(二)17歩間ならば28銀、29玉、38銀、同玉、48龍、29玉、38銀、18玉、27銀左、同馬、同龍、29玉、38龍寄也
(三)29玉ならば38銀、39玉、59龍、38玉、36龍以下容易に詰む

2017年3月12日 (日)

加藤文卓の「圖巧解説」その21

月報1927年12月号

圖巧解説
二峰(ママ)生

第五拾四番

0054

38金、46玉、16龍、
57玉、66龍、同龍、46角、同玉、47金打、35玉、
36銀、
44玉、45銀、35玉、36金、同龍、同銀、34玉、35歩、同桂、
44飛、同香、25銀、23玉、24歩、
13玉、14歩、12玉、22金、同玉、
23歩成、
同玉、13歩成、同玉、14銀、同玉、32角成、13玉、23馬迄(39手詰)


變化
57玉の所
(一)16仝銀ならば47金打、35玉、36銀、44玉、45銀、35玉、36金也
(二)26歩ならば47金、35玉、36金、24玉、25金、13玉、31角也
(三)26金間ならば47金、35玉、26銀にても容易に詰む

66仝龍の所仝とならば46角、仝玉、47金打、35玉、36銀、44玉、45銀、35玉、36金也

44玉の所34玉ならば
45銀、35玉、36金、仝龍、仝金

13玉の所12玉ならば
22金、仝玉、23歩成、仝玉、14銀、仝玉、32角成也

13玉の所仝香ならば
14銀にて詰む


第五十五番

0055

57龍、同銀生、68銀、同銀生、77金、同銀生、66金、同銀成、57金、同成銀、
68銀、同成銀、57金、76玉、65角、75玉、66金、84玉、73馬、93玉、
92角成、同玉、82馬也(23手詰)


變化
57仝銀不成の所
(一)仝銀成ならば77金、仝桂、66金也
(二)仝玉ならば39角、48歩成、68銀、47玉、37金

68仝銀不成の所
(一)仝銀成ならば57金、仝玉、93角、67玉、66角成
(二)76玉ならば65角、75玉、74金也

77仝銀不成の所仝桂成なら66金、57玉、39角、48歩成、56金、仝と、仝金、47玉、37金也

66仝銀成の所
(一)仝銀不成ならば68銀、76玉、65角、75玉、74金
(一)57玉ならば39角、48歩成、67金、47玉、37金也

57仝銀成の所77玉(76玉にても仝手順にてよし)ならば
66馬、87玉、88銀、96玉、87角、仝成香、仝銀、仝玉、88金、96玉、87銀、95玉、96香
此變化の手順は本文と同手數なるも87角の所87銀にても詰む等の餘詰あるを以て變化と見るを至當と思ふ
---

 この作品は守備銀一回転の第一号局。
 ここに銀一回転作を集めています。

2017年3月11日 (土)

加藤文卓の「圖巧解説」その20

月報1927年11月号

圖巧解説
二峰(ママ)生

第五拾壹番

0051

79桂、
同と、88香、77玉、58銀、78玉、69金、同と、同銀、89玉、
79飛、同玉、68龍、89玉、78銀、99玉、79龍、98玉、89銀、99玉、
98銀、同玉、99歩、97玉、96金、同玉、76龍、同歩、86金、97玉、
87金也(31手詰)


變化

79同との所77玉ならば
78香、同飛成、66銀、86玉、96金也


77玉の所88同飛ならば
同歩、同玉、68龍、78間、98飛、89玉、78銀、同と、同龍也


69との所89玉ならば
79金、同玉、69飛、88玉、97龍、78玉、79歩、89玉、98龍


第五拾貳番

0052

29桂、同と、19馬、
28歩成、同馬、同と、38歩、同と、46銀、同龍、
同龍、同玉、42飛、
56玉、67金、55玉、47桂、54玉、46桂、同桂、
45飛成、同玉、35金、54玉、44金迄(25手詰)


變化

28歩成の所
(一)19同とならば36金寄此時同龍ならば39龍、38間、49桂にて詰み又36同玉ならば45龍にて容易なり
(二)28香間ならば同馬、同歩成、38香、同と、46銀以下本文の手順に合す

○本局は打歩詰を避ける爲め29桂、同と、19馬と指す所に最も妙味ある作物でありますが圖中の玉方75との意味はなほ不明であります。本局に於て最初に28馬と指せば同歩不成にて詰なく又27金ならば同銀不成、29桂、同と、38歩、同銀不成にて矢張り詰がありません

---
 玉方75とがないと
56玉のところ57玉、47飛成、66玉、67龍、75玉で詰みません。


第五拾參番

0053

69桂、
同龍、86銀、76玉、68桂、同飛生、65銀、同飛生、75金、同香、
68桂、
同飛生、67角、同飛成、77歩、同龍、同銀、同玉、87飛、76玉、
68桂、同龍、77歩、同龍、同飛、同玉、87飛、76玉、86飛、77玉、
55馬、同銀、68金也(33手詰)


變化

69同飛の所同とならば
78歩
同飛成、86銀、76玉、77歩、同龍、65銀、同金、77銀、同玉、95角、86桂馬、同角、76玉、77飛、85玉、84金、同玉、75角94玉、95歩、同玉、97飛、96歩間、84角、94玉、96飛、83玉、65馬、82玉、62角成也
78同飛成の所78龍左ならば
86銀、76玉、77歩、同龍、65銀、同金、75金、同金、77銀、同玉、87飛、76玉、67角也

94玉の所73玉ならば
53角也(
)76歩間、74歩、同玉、76飛也
76間の所74間ならば46馬にて詰む
95角の所は86角にても詰む


68仝飛不成の所
(一)仝飛成ならば77歩、仝龍、65銀、仝金、75金、仝金、77銀、仝玉、87飛、76玉、68桂、仝龍、77歩、仝龍、仝飛、仝玉、87飛、76玉、68桂也
(二)仝龍引ならば77歩、仝龍、65銀、仝金、75金、仝金、77銀、仝玉、87飛、76玉、67角也


65仝飛不成の所
(一)65仝飛ならば68桂(
)仝龍引、75金、仝香、77歩、仝龍、仝銀、仝玉、87飛、76玉、58角、67間、68桂也
仝龍引の所仝龍行ならば
77歩、仝龍、仝銀、仝玉、86角、76玉、77飛、85玉、75飛、96玉、95飛にても詰む
(二)65仝金ならば75金、仝金、67角、仝飛成、77歩、仝龍、仝銀、仝玉、87飛、76玉、68桂、仝龍、77歩、仝龍、仝飛、仝玉、87飛、74玉、68桂也


68仝飛不成の所
(一)68仝飛成ならば77歩、仝龍、仝銀、仝玉、86角以下前記丙の手順に合す
(二)68仝龍引ならば75金、仝香、77歩、仝龍、仝銀、仝玉、87飛以下の(一)に合す

○69桂甚だ面白し若し最初に86銀ならば76玉、65銀、仝金、68桂、仝飛不成、75金、仝金、67角、仝龍、77歩、仝龍と龍王を捨てゝ飛を殘す手順となる故打歩詰を避けることが出來ない
○本局は甚だ巧妙なる傑作であるが之れと八世宗桂圖式第二十五番との間に若干の類似が認められる

将棋大綱第25番

110025

88桂、
同飛生、86馬上、同飛生、88桂、同飛生、87銀、同飛成、97歩、同龍、
同馬、85玉、84飛也(13手詰)


變化

88仝飛不成の所
(一)仝飛成ならば86馬、仝龍、97歩、仝龍、仝馬、85玉、84飛也
(二)仝龍ならば69馬、仝飛成、97歩、仝龍、仝銀也

2017年3月 7日 (火)

加藤文卓の「圖巧解説」その19

 以下の解説にはおかしなところがあります。

月報1927年10月号

圖巧解説
二峯生

第四拾九番

0049

98歩、同馬、同銀、同玉、99角成、同玉、11角、
98玉、99金、97玉、
67飛、同と、98銀、86玉、87銀、同成銀、同銀、同玉、88金、86玉、
87銀、75玉、22香成、
25角、同龍、同成桂、93角、84歩、同角成、同香、
76歩、66玉、12成香、56玉、55角成、47玉、48歩、同玉、37馬、39玉、
28馬、48玉、37馬、39玉、29金、同玉、28馬也(47手詰)


此図に對する小生の研究は未だ不完全なのでありますが兎に角之を誌上に發表して汎く讀者諸君の御高見を御窺ひしたいと思ひます
先づ原書記載の詰手順に就いて變化を解説しませう

變化
98玉の所
(一)22角間ならば同角成、98玉、99金、97玉、67飛、同と、98銀、86玉、77角
75玉、23香成、25歩間、同龍、同成桂、76歩、同玉、32馬也
75玉の所同とならば同銀、75玉、66馬也
(二)22歩間ならば同角成、98玉、99歩、97玉、98金、86玉、77馬也

25角間の所25歩間ならば
同龍、同成桂、76歩、66玉、12成香、56玉、55馬、47玉、48歩、同玉、37馬以下本文に合す

○本局は前記の如く打歩詰を避くる巧妙なる傑作でありますが、25角、同龍、同成桂、93角の所に餘詰があるやうに思はれます
即ち25同成桂に對し93角と指さずに76銀と指す時は次の詰手順があるやうです
25角、同龍、同成桂、76銀、66玉、12成香、76玉、43角、86玉、87金、75玉、76金也
66玉の所56玉ならば65角、46玉、55角成也


第五拾番

0050

45角、同桂、37飛、同桂生、49角、同桂成、17龍、38玉、37龍也(9手詰)


同桂の所
(一)同とならば37飛、26玉、17龍、15玉、16龍、24玉、15角、13玉、33龍、23銀間、24角、12玉、14龍、同銀、13角成、21玉、22馬也
(二)26玉ならば15角、同玉、16龍、24玉、23飛也
(三)38玉ならば29龍、同玉、49飛、39飛間、18角打、38玉、27角引、28玉、17銀打也
(四)36間ならば、37飛、26玉、17龍、15玉、16龍、24玉、14龍、同玉、17飛、15間、32角也

37同桂生の所
(一)37同桂成ならば49角、38間、17龍也
(二)26玉ならば17龍、15玉、33角、24間、16龍也

---
 玉方桂の三段跳。
 これを発展させて四段跳にしたのが『将棋大綱』第7番です。


 さて、どこがおかしかったか分かりましたか?
 特におかしなところはなかった?
 これは加藤文卓の解説ではありません。私の解説です。
 というのも、月報のこの号は国会図書館にないため(発行されたことは確実)省略しても良かったのですが、ブログ五千の読者(笑)の期待に応えるべく仕方なく加藤らしく見せて書いたというわけです。

«忘れられた論客 その19

サイト内全文検索

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ